【本文】

  1. トップ
  2. スペシャル
  3. 秋の釜山

イベント多彩!きらめく☆秋の釜山 秋は「釜山国際映画祭」を筆頭に「釜山ワンアジアフェスティバル」、「釜山花火祭り」といった釜山を代表するビッグイベントが目白押し。イベントで華やぐ街の空気を楽しみつつ、観光名所をめぐりたい。

イベントが伝える 釜山のパワーと魅力

 秋は釜山のメインイベントが連続で開催されるシーズン。どのイベントも釜山の地域性と文化が織り込まれており、回を重ねるごとにパワーアップされている。

 まずは、秋の風物詩「釜山花火祭り」。広安里海水浴場の海上と広安大橋(別称ダイヤモンドブリッジ)を舞台に、約8万発の花火が豪快に打ち上げられる。花火大会の規模としては、アジア最大級ともいわれ、毎回、百万人以上の見物客が訪れる。13回目となる今年は「10月のセレナーデ」と「愛」がテーマ。趣向を凝らした花火と最先端のレーザーライトと音楽で、華やかなマルチメディア花火ショーを繰り広げる予定だ。

 そして、釜山が誇る大イベント、BIFFの略称で世界的に知られる「釜山国際映画祭」。メイン会場の映画の殿堂は、その斬新な建築物でも有名だ。期間中、メイン会場、海雲台海水浴場と南浦洞BIFF広場の特設ステージで、参加作品の上映やオープントークなどの関連イベントを実施。最大の見どころは、映画スターと監督がレッドカーペットを闊歩する、絢爛豪華なオープニングセレモニー。今年は俳優チャン・ドンゴン、少女時代 ユナが司会に決定。開幕上映作品は「ガラスの庭園」(韓国/シン・スオン監督)、閉幕上映作品には「相愛相親」(台湾/シルビア・チャン)が選ばれた。

 また、昨年より、スタートした「釜山ワンアジアフェスティバル」にも注目したい。これは、釜山と世界の若者たちの交流を目的としたフェスティバル。釜山が持つさまざまな文化コンテンツと韓流コンテンツのコラボレーションで、独自性あるイベントとなっている。開幕公演はジーフレンド、アストロ、BAPなどの豪華ゲストが出演予定。期間中、K-POPコンサート、ファンミーティング、ダンスコンテストといった付帯イベントも、多彩に行なわれる。会場は釜山アシアード主競技場、海雲台クナム路、西面一帯。

 なお、港町らしい水産祭り「釜山チャガルチ祭り」もおすすめだ。祭りの開催を知らせるパレードが一番の見もので、韓国の伝統楽器を手に道を練り歩くキルノリ、魚をテーマにしたパフォーマンスなど、バラエティに富んだ見せ物が続く。同時に龍頭山公園では、厳かに龍神式が取り行なわれる。これはチャガルチに入港する船の無事の航海を願うもの。そのほか、海産物の屋台や体験イベントでは、港の街の活気が体感できる。会場はチャガルチ市場一帯、龍頭山公園、光復路など。

第13回釜山花火祭り

第13回釜山花火祭り
10月28日(土)
THE13TH BUSAN FIRE WORKS FESTIVAL

2017 釜山ワンアジアフェスティバル

2017 釜山ワンアジアフェスティバル
10月22日(日)~31日(火)
2017 BUSAN ONE ASIA FESTIVAL

第22回 釜山国際映画祭

第22回 釜山国際映画祭
22nd Busan International Film Festival
10月12日(木)~21日(土)

第26回釜山チャガルチ祭り

第26回釜山チャガルチ祭り
Busan jagalchi Festival
10月19日(木)~22日(日)

※写真提供/釜山広域市(花火写真/Cha-gon Hwang)

韓国・釜山はこんなトコロ

 朝鮮半島の東南端に位置する、韓国第2の都市「釜山」。海と山に囲まれた風光明媚な街で、釜山港を中心に韓国有数の港湾都市として機能している。近年は釜山北港周辺で大規模な再開発事業も進められ、国際的な海洋観光の地としても、さらに大きく変わりつつある。

 釜山の街はエリアごとに、異なる表情があるのが特徴だ。それらが絶妙に融合し、釜山全体の雰囲気と魅力を作り上げている。港町風情と国際市場の活気を楽しむ南浦洞。韓国最古の海水浴場を持ち、今夏、海上ロープウエイが開通した松島。若者に人気の繁華街がある西面。そして、世界最大級のデパートや映画の殿堂が都会的な風景を見せるセンタムシテイ、超高層建築物が林立するマリンシテイ。国内外からの観光客が訪れる国際的リゾートの海雲台。また、その先のリゾートとして再開発された東釜山エリアも現在、注目されている。

 関東から釜山へは、成田国際空港より約2時間。気軽に楽しめる海外旅行として最適の地といえる。

白砂が美しい人気のリゾート「海雲台」
新名所「松島海上ロープウエイ」で空中散歩

美味満載 釜山グルメ

 釜山には海産物を中心に種類豊富なメニューがそろう。秋から冬にかけてはカニやフグが旬。豚骨を煮込んだスープのデジクッパ、小麦粉が主原料の冷麺ミルミョンは、釜山人のソウルフード。

 また、黒山羊肉や鴨肉を使った料理も、郷土の味で、滋養強壮のためよく食べられている。珍味としてはヌタウナギをゴマ油で炒めたコムジャンオグイがある。

機張市場のカニ

機張市場のカニ

NewSpot 東釜山エリア

 釜山東部、海雲台から機張にかけて、段階的に再開発が進められている東釜山観光団地。2014年に韓国最大規模といわれる複合ショッピングセンター「ロッテモール東釜山」がオープン。2016年末には広域電鉄「東海線」が開通、そして、今夏、機張に「ANANTI COVE」がオープン。約22万㎡の広大な敷地にはヒルトン釜山があり、海を望むアーバンリゾートとして話題を集めている。

映画の街に新名所が誕生

 10月12日(木)、釜山港国際旅客ターミナルに隣接し、仮想体験施設「マーベル エクスペリアンス釜山」がオープンする。巨大ドーム内では、マーベル社の映画コンテンツをバーチャル体験。VRとARの最新技術を駆使した施設で、アイアンマンやスパイダーマン、ハルク、キャプテンアメリカなどのスーパーヒーローとともに、映画のストーリーが体験できる。映画の街・釜山を盛り上げる、新しい概念の体験型アトラクションとして期待されている。

マーベル エクスペリエンス釜山(※イメージ)

マーベル エクスペリエンス釜山(※イメージ)

協力:エアプサン https://jp.airbusan.com

2017年10月01日

旅コラム
国内
海外