【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ドイツ】青騎士の聖地

旅ブログ 海外ブログ

← 前へ 次へ →

【ドイツ】青騎士の聖地

2017年9月11日

 レーンバッハハウス市立美術館は、ミュンヘンを舞台に活躍したカンディンスキーやマルクらによる美術運動「青騎士(ブラウエ・ライター)」の作品をまとめて見ることのできる、いわば聖地です。クレーの作品も目を見張ります。

slovakia_20170911.jpg

 長らく改修工事がおこなわれていましたが、2013年に再オープンしました。もともとは古い館をそのまま活かした趣ある美術館でしたが、外観はそのままに現代化。心地よい展示空間が広がります。
 
 20世紀初頭のヨーロッパでは、都市と美術が密接なつながりをもっていました。青騎士のころのミュンヘンはパリに勝るとも劣らない美術の街で、多くの表現者が集まりました。ミュンヘンでまず思い浮かべるのはビールでしょうから、この組み合わせを意外に感じる人も少なくないかもしれません。
 
 レーンバッハハウスのほかにもミュンヘンには見応えのある美術館が多く、その伝統をいまに受け継ぎます。
← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外