【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】四季の感覚

旅ブログ 海外ブログ

← 前へ 次へ →

【スロヴァキア】四季の感覚

2017年11月13日

「四季があるのは日本だけ」「四季があるから日本はすごい」と言われることがあります。でも、これは嘘です。そんなことはありません。「日本の四季にはメリハリがあるので、他とはちがう」というのもまちがっています。

slovakia_201701113.jpg

 日本で紅葉狩りを楽しもうとすれば、割とピンポイントに「この日がいちばんよかった」と言われるように思います。秋雨や台風の影響もあるでしょう。しかし、スロヴァキアには秋雨も台風もないため、紅葉がずいぶん長くつづきます。
 
 チェコやスロヴァキアには黄色に変わる樹木が多いため、「紅葉」ではなく「黄葉」だと言われることもあります。たしかに黄色に変わる樹木が街では中心ですが、山に行くと赤く色づくものも目につきます。キノコが市場に並ぶのも秋を物語ります。
 
 葉が落ちれば長い冬がはじまります。そして、春が来て夏が来ます。四季がきちんとあるわけです。
 
← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外