【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ハンガリー】傷ついた帝都

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧

【ハンガリー】傷ついた帝都

2018年2月12日

 社会主義の時代、共産諸国の旧市街はどこも手入れがろくろくなされず、街が黒ずんで見えたものです。プラハのようにすっかりお色直しを終えた街がある一方、いまも停滞しているところがあります。

slovakia_20180212.jpg

 ブダペストは戦争と社会主義の傷をいまだ癒やしてはいません。興味深い建築がたくさんあるにもかかわらず、いかんせん街の規模が大きいため、どこから手をつけていいのだろうと模索しているようなのです。
 
 しかし、この10年で少しずつ少しずつ改修が進んでいるのもたしかです。アール・ヌーヴォー様式が目を見張る応用美術館も、改修のためにこの冬、閉鎖されていました。プラハのように焦って改修するとなんだかテーマパークみたいな印象になってしまうので、じっくり取り組んで欲しいものです。
 
 廃墟になった建物を逆手にとり、「廃墟バー」として人気を集めているところもあります。それもまた立派な改修のありようだと感じます。
← 前へ 一覧

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ