【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ハンガリー】日本の旧車に萌える

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【ハンガリー】日本の旧車に萌える

2018年4月30日

 70年代後半あたりから90年代はじめあたりにつくられた日本車を、ヨーロッパでもいまなおときどき見かけます。30年近くも大切に乗りつづけている人が少なくありません。

slovakia_20170430.jpg

 当時、海外を旅行するたびに、知らない人から日本車のことをほめられたものでした。同じ価格帯のクルマに比べ、「安い」「故障しない」「性能がいい」といったことを理由に挙げていたのを覚えています。実際、日本車が輝いて見えたものです。
 
 ブダペストではホンダのCR-Xを見かけました。1987年から1992年につくられたモデルですが、現代の目からしてもすぐれたデザインで、思わず見とれてしまいました。
 
 海外で出会う日本というものがたしかにあると思います。ぼくが北斎の絵をまとめて見たのはパリでしたし、日本人の舞踏を大きな舞台で見たのもプラハでした。作品もさることながら、日本のものを自然に受け入れ、いいものはいいと高く評価する人びとの姿に心を打たれたものです。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ