【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. 新スポット☆ダイナミックな海上の展望台

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

← 前へ 次へ →

新スポット☆ダイナミックな海上の展望台

2017年8月29日

海雲台の東に位置する静かな漁港「青沙浦」。ここは赤と白のツインの灯台とチョゲグイ(貝焼き)料理で有名なスポットです。8月中旬、青沙浦に新しい名所「青沙浦タリッドル展望台」が誕生しました。私もさっそく行ってみました。丘から海へと突き出るように建つ展望台は72.5mの長さで、海面から20mの高さに位置します。足下は部分的にガラス張りになっていて、海の上を歩いているような感覚が楽しめます。展望台からの海の眺めは雄大で、潮風も心地よかったです。次回は夕暮れ時に行ってみます。ちなみに名称のタリッドルとは韓国語で飛び石の意味。海岸から灯台まで並ぶ岩礁が飛び石のように見えることから付けられたそうです。青沙浦タリッドル展望台/9:00〜18:00、無料 ※ガラス部分を靴で傷つけるのを防ぐため、入口で足カバーを装着します。海雲台からマウルバス2番利用、終点下車

82811.jpg

☆この日は曇り空。平日の朝10時前でもけっこう見物客がいました

1D2_0037.jpg

☆足下に広がる海を撮っている私(鈴木圭さん撮影)

     ↓    ↓    ↓

8282.JPG

☆水面がキラキラときれいです。そして、想像以上にスリル満点!

8283.JPGのサムネイル画像

☆みなさん、ガラスの上を選んで歩いています(笑)

8284.JPG

☆青沙浦の海沿いにはモダンなカフェも増えてきました♡

 

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外