【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. 【ゲンゲンバッハ(ドイツ料理)】

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

【ゲンゲンバッハ(ドイツ料理)】

2013年8月13日 世界料理

ぴこぴこん。
みんな元気かね。
 
mini-tabento1.jpg
 
 
それにしても暑くていかんわ。
水分ちゃんととって気をつけなかんよ。
 
暑い夏はやっぱビールが飲みたくなるがね。
そんなわけで、今日はうまいビールも飲めちゃうお店を紹介するでな。
 
今日のお店は、Gengenbach(ゲンゲンバッハ)。
 
ドイツ外観.JPG 
 
ドイツの旗が目印だがね。
 
名古屋駅地下のユニモール13番出口からすぐとアクセスも便利。
暑い日には特に、駅近はありがたいがね。
 
お店のなかは、こんな感じだがね。
 
内観.JPG
 
南ドイツの町「ゲンゲンバッハ」の片隅にある居酒屋(クナイペ)をイメージしとるんだと。
陽気な音楽が流れるカジュアルな空間で、嬉しくなってまうがね。
 
ここは、ドイツビールがいっつも20種類くらい揃っとって、
飲み比べてみるのもおもしろいドイツビールとドイツ料理の店。
 
自家製ソーセージが人気だけど、
そん中でもドイツのいろんな町の名物ソーセージのも盛り合わせメニューはどえりゃーええで。
 
menuブログ用.jpg 
 
こちらの写真がホフブロイ樽生(大グラス)1320円と、4都市ソーセージの盛り合わせ1200円。
ミュンヘン、ベルリンなど各都市の名物ソーセージを一皿に集めた人気メニュー。
茹で汁ごと出されるヴァイスヴルスト、カレー粉をまぶしたケチャップでいただくカレーヴルストなど
ユニークなソーセージが味わえるで。
 
み〜んな素材や調理方法が違うもんで、味や歯ごたえもいろいろあるんだわぁ。
そんだもんで、ビールとの相性はええに決まっとるで、ようけ飲んでまう料理だよ。
 
パンとザワークラウトはおかわり自由。チャージ1人500円。
 
9月までは開店から18:30(土曜日は16:30)の間、
1000円以下のビールが500円で飲めるハッピーアワーを実施しとるとのことで、
これは行かんといかんね。
 
tabento-ido.jpg
 
 
ちなみに、お店のあちこちにアンティークのビアマグが飾られとるよ。
すてきなマグばかりだで〜。
 
 ビアマグblog.JPG
 
 
 
(解説)
ドイツビールとドイツ料理を楽しめるお店。
自慢のドイツビールは常時20種類ほど揃うので飲み比べるのもお勧めです。
人気は自家製のソーセージで、なかでもドイツ各都市の名物ソーセージを盛り合わせたメニューはイチオシ。
それぞれに素材や調理法が違うので味や歯ごたえもさまざま。
もちろんビールとの相性は抜群でお酒が進む一皿です。
 
 
■お店データ
Gengenbach(ゲンゲンバッハ)
住所/名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル地下1階 
電話/052-582-9345
営業時間/月〜金17:00〜24:00(料理23:00、ドリンク23:30 LO)、土は15:00〜
休日/日・祝、お盆休み(2013年は8/12〜14)、年末年始
アクセス/各線名古屋駅から徒歩約5分、ユニモール13番出口からすぐ
← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外