【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. えいこく屋インド料理店

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

えいこく屋インド料理店

2013年11月27日 世界料理

ぴこぴこん。
寒くなってきたが、みんな元気かね。
身体あたたまるもん、食べようかね。
 
mini-tabento1.jpg 
 
有名なお寺さんのある覚王山(かくおうざん)というとこまで来たったよ。
インド料理やさんの「えいこく屋」さんが目的だがね。
 
gaikan.jpg
 
日泰寺(にったいじ)の参道沿いにあるお店だで。
同じ並びに紅茶などを販売する系列店もあるで、帰りに寄ったったらええわ。
お、表んとこに象さんおる。
 
naikaneikoku.JPG 
 
こちらのお店は古い民家を改築しており、レトロな雰囲気がステキ。
全部で41席あるでね。
 
 zou.JPG
 
わ、中には象さんいっぱいおるがね。
店内には異国情緒を醸し出す雑貨や絵が飾られていて、
お料理待っとる間も楽しめるでよ。
 
nan.JPG 
 
チキンカレー650円、ナン390円。
まろやかなルウには大きめのチキンが入っとる。
 
スパイスをようけ使った本場の味だけんど辛さはマイルドで、
年代を問わず人気なんだと。
 
ナンはナント、オーダー毎に焼いとるとのこと。
ほんの〜り甘みがあり、カレーとの相性も抜群だぁね。
 
ランチタイムにはお得なセットメニュー(950円)も用意されとるよ。
 
おなかいっぱいになったら、食後の紅茶がおすすめ。
いろんな種類があるでよ。
 
chai.JPG 
 
 
濃厚なミルクでいれたチャイはコクがあって、香りが豊か。
食事とセットだと300円だで、お値打ちだがね(単品の場合は470円)。
 
 
カレーとチャイでおなかも心もあったまっちゃったら、あれっ?!
たべんと、カレーの色になっちゃった。
 
tabento-curry1.jpg 
 
これはみんな、たべんといかんね。
 
 
(解説)
名古屋のインド料理の草分け的存在である「えいこく屋」。
スパイスをふんだんに使った本場の味でありながらマイルドな辛さに仕上げたカレーは、年代を問わず人気。
オーダー毎に焼くナンは、ほんのり甘みがあり、まろやかなカレーとの相性も抜群だ。
また、食後は紅茶を味わうのもお勧め。
チャイはもちろん世界各国から仕入れた紅茶が豊富に揃う。
 
■お店データ
えいこく屋インド料理店
住所/名古屋市千種区山門町2-58
電話/052-763-2788
営業時間/8:00?21:30(21:00 LO) 
ランチタイムは11:00~14:00(日曜・祝日・毎月21日を除く) 
タンドール窯を使うメニューは11:00以降注文可
休日/火曜休
アクセス/地下鉄覚王山駅1番出口より徒歩約3分
 
 
tabento-curry3.jpg
← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外