【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. 【NOSSA gallery bar&dining(ルーマニア料理)】

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

【NOSSA gallery bar&dining(ルーマニア料理)】

2014年4月30日 世界料理

 ぴこぴこん。みんなお元気かしらん。

 
mini-tabento1.jpg
 
さて、たべんとは栄におでかけ。
ルーマニアのゴハンが食べられるという
「NOSSA gallery bar&dining」へ行ったった。
 
seki.jpeg
 
お店の中はこんな感じ。
白を基調にしたシンプルでスタイリッシュな空間だで。
1か月ごとに国内外のアーティスト作品を展示しとるとか。
アートとルーマニア料理が楽しめる新しいコンセプトのお店で
とっても素敵だがね。
 
静かな雰囲気のテーブル席もあるで、
ゆっくりと食事やお酒が楽しめるよ。
 
lunch.jpeg
 
今日頼んだんは、こちら。
ルーマニア風チキンランチ1,000円。
カラフルなピーマンとともにバターでソテーしたチキンは
肉の甘みや旨みが感じられる逸品でとってもうみゃ〜。
自家製のマッシュポテトも優しい味わいだで。
 
tate.jpeg
 
こちらはルーマニア風ビーフランチ1,050円。
写真はポークだがね。日替わりでポークの場合もあるんだと。
すべてのランチに日替わりスープとサラダがつくで、お得だで。
 
niku.jpeg
 
それからこちらはお店の一番人気、ルーマニア料理のミティティ。
ビーフとラムの合い挽き肉をグリルしたジューシーなひと皿だで。
 
13.jpeg
 
お店の中は
白い壁に直接プロジェクターの映像を流していて、
なんともおしゃれな空間だがね。
 
日常からトリップできるで、行ってみや〜。
 
tabento-medashi.jpg
 
(解説)
ルーマニア人のオーナー、ガブリエラさんが営むギャラリーバー&ダイニング。
名古屋でも珍しいルーマニア料理は素材の味を大切にしたものばかり。
ジューシーなチキンのソテーや、肉の旨みを閉じ込めたポークのグリルなどが評判だ。
またルーマニアの定番デザート、揚げ菓子のパパナッシなどもおすすめ。
稀少なルーマニアワインも楽しめる。
 
■お店データ
NOSSA gallery bar&dining
住所/名古屋市中区栄1-14-21 PIA CASTEL  S.K.2A
電話/052-684-4491 
営業時間/11:30〜14:00(LO13:30)、18:00〜24:00
休日/日・祝 
アクセス/地下鉄伏見駅6番出口から徒歩約5分
 
tabento-ido.jpg
← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外