【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. 【LAO PASA(ラオパサ)(アジア料理)】

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

【LAO PASA(ラオパサ)(アジア料理)】

2014年9月11日 世界料理

 

ぴこぴこん。
 
どえりゃ〜蒸っし蒸っし暑い日が続いとったねぇ、
 
そろそろ涼しなると思うけど
 
みんな元気でやっとりゃ〜すかね。
 
 
 
mini-tabento1.jpg
 
 
 
 
今度は年がら年中蒸っし蒸っしの国の
 
どえりゃ〜旨みゃ〜とこ、紹介するで。
 

 

CIMG2826_a.jpg

 

 
 
国道41号線を少し奥に入った、
 
静かな路地にシンガポールの定番料理のほかにも中華やマレー、
 
インドにタイなどぎょうさんアジアの味が楽しめる店が泉にあるんだけど、

 

 

CIMG2821_a.jpg

 

 

アジアを彷彿とさせる仏像など、

 

エキゾチックな調度品が飾られた店内は落ち着いた雰囲気だ。

 

 

CIMG2818_a.jpg

 

 

 
そこのランチはシンガポール料理の定番「チキンライス」と
 
日替わりのおかずがつく看板メニューの海南鶏飯ランチ¥880や、
 
ちょうどえぇ辛さのシーフードカレーが人気。
 
 
CIMG2822_a.jpg
 
 
ランチにプラス¥360でミニデザートとコーヒーまたはジャスミン茶がつく。
 
デザートは種類が変わる。
 
夜になるとアジアのビールとどえりゃー合う海老のフリットを黒胡椒で炒めたやつとか、
 
鶏や豚、羊の肉のサテなどのアラカルトなどいっぴゃああるらしいで。
 
 
 
tabento-ido-thumb-186x136-4653.jpg
 
 
 
 
(解説)
 
泉の路地裏にある、アジア料理の店。
 
シンガポールの定番料理を中心に中華やマレー、インド、タイなど
 
さまざまなアジアの味が楽しめる。
 
ランチはシンガポールの名物料理「海南鶏飯」をはじめ、
 
爽やかな辛さのシーフードカレーなどが人気。
 
夜はエビのフリットを黒胡椒で炒めたひと皿や鶏肉、豚肉、羊肉のサテなど
 
アジアのビールとよく合うアラカルトが充実している。
 
 
 
■お店データ
 
LAO PASA
 
住所/名古屋市東区泉2-13-4カスティロ泉1B 
 
電話/052-932-1710
 
営業時間/11:45〜14:30(14:00LO)、18:00〜23:00(22:00LO)
 
休日/月曜、土・日・祝日のランチタイム
 
アクセス/地下鉄桜通線高岳駅から徒歩6分

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外