【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. 【スコンター住吉(タイ料理)】

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

【スコンター住吉(タイ料理)】

2015年2月24日 世界料理

 

ぴこぴこん。
 
 
 
 
mini-tabento1.jpg
 
 
 
 
 
 
錦や名駅などに展開しとるタイ料理店のスコンターが、こんど住吉にもオープンしたんだと。
 
 
1502_SUKO_gaikan.jpg
 
 
なんでも雑居ビルの3階にあって隠れ家みたゃぁーな「スコンター住吉」は、
 
タイの屋台をイメージしとってレトロな雰囲気が魅力らしいで。
 
 
1502_SUKO_naikan1.jpg
 
1502_SUKO_naikan2.jpg
 
 
お店の中はカウンターに4人、テーブルに26人座れる。ここへ来るだけで、タイの気分が味わえるのがえーわな。
 
さらにタイの料理人がそのまんまのタイの味付けでなく、スパイスを調節しとってくれるで食べやすいのが人気の秘密だといわれとる。
 
もちろん食べたゃぁーと思ったら現地の味でもつくってくれる。
 
 
1502_SUKO_graprao.jpg
 
 
このガパオライスは、豚のひき肉とバジルをを炒めたものと、ライスと卵を混ぜて食べるんだけど、
 
唐辛子が利いたプリックナンプラーをさらに入れたると本場の味に近いもんが味わえるで。
 
ドリンクはタイのシンハービール600円からカクテル、スムージーまで充実。
 
 
1502_SUKO_salad.jpg
 
 
ようけ入っとるフレッシュパクチーと水菜・ニンジンのサラダ(650円)はシンプルでパクチー好きにはたまらんメニューだで。
 
繁華街のビルの3階にあるので、アクセスがえーのはもちろんだけど、
 
それにも増して夜遅ーまでやっとるもんで、2軒目のお店として利用したるとえーと思うよ。
 
 
 
 
 
tabento-ido-thumb-186x136-4653.jpg
 
 
 
 
 
 
(解説)
 
錦や名駅など名古屋市内にタイ料理店を展開するスコンターが、繁華街・住吉に新店をオープンした。
 
雑居ビルの3階にある隠れ家のような「スコンター住吉」は、タイの屋台をイメージしたレトロな雰囲気が魅力。
 
ここで食べられるのはタイ人料理人が手がけるメニューの数々。スパイスを調整して食べやすくアレンジされているのが人気の秘密だ。
 
もちろん、希望があれば現地に近い味のものを出してくれる。
 
この日注文したガパオライスはピリッとスパイスがきいた豚ひき肉とご飯、卵を豪快にかき混ぜて食べる料理で、
 
添えられたプリックナンプラーを加えればさらにスパイシーな味わいになる人気の一品。
 
深夜まで営業しているので2軒目のお店として利用するのもお勧めだ。
 
 
 
 
■お店データ
 
スコンター住吉
 
住所/名古屋市中区栄3-12-32 レジャーセンタービル3階
 
電話/052-252-9955
 
営業時間/17:00~翌3:00(2:30 LO)
 
休日/無休
 
アクセス/地下鉄東山線・名城線栄駅、名城線矢場町駅からそれぞれ徒歩約5分

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外