【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. 【JERRY'S UNO大須店(メキシコ料理)】

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

【JERRY'S UNO大須店(メキシコ料理)】

2015年7月16日 世界料理

 

 

 

ぴこぴこん。

 

 

 

mini-tabento1.jpg

 

名古屋のメキシカンフードの店では一番最初の「JERRY’S UNO」っていうお店に行ってきたよ。

開店15年目を迎える大須店は、

ファーストフードみたゃーに簡単にタコスやタコライスを味わえるとあって評判を呼んどる。

 

 

uno外観.JPG

 

大須商店街の中にあるもんで、週末には観光客や外国人でいっぱいだで。

 

uno内観.JPG

 

赤と黄色がベースの明るい店内は、アメリカの居酒屋のようなイメージ。

壁に飾ったるイルミネーションもポップな雰囲気で居心地もええでぇ。

 

 

ここでは野菜をたっぷり使ったトマトベースのサルサソースやスパイシーなチリミートなど、

こだわっとる自家製ソースを使った種類豊富なタコスやタコライスはファンが多い逸品。

ナチョスやフライドポテトなどのサイドメニュー、ワールドビール470円〜といっしょにしたると格別だ。

 

タコス3.JPG

 

人気のタコス「スペシャル」とドリンク、タコチップスのセット630円(単品は370円)。

チキンとチリミート、トマト、レタス、チーズが入った食感も味わいも奥深きゃーひと品だ。

 

 

 

タコライス.JPG

 

タコミート、トマト、チーズ、サルサソース、レタス、チップスとご飯を一緒に味わうタコライス480円。

スパイシーで少しピリ辛な味わいが食欲をそそると評判なんだって。

 

 

 

tabento-ido.jpg

 

 

 

(解説)

名古屋におけるメキシカンフードの店としては先駆け的な存在の「JERR’S UNO」。

開店15年目を迎える大須店は、

ファーストフード感覚で気軽にタコスやタコライスを味わえるとあって評判を呼んでいる。

野菜をたっぷり使ったトマトベースのサルサソースやスパイシーなチリミートなど、

こだわりの自家製ソースを使った種類豊富なタコスやタコライスはファンが多い逸品。

ナチョスやフライドポテトなどのサイドメニュー、

ワールドビール470円〜とともに味わうとまた格別だ。

 

 

 

■お店データ

JERRY’S UNO大須店(ジェリーズウノおおすてん)

住所/名古屋市中区大須3-33-24

電話/052-262-4311

営業時間/11:30~21:00(LO20:30)

休日/無休

アクセス/地下鉄上前津駅8番出口より徒歩1分

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外