【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. たべんとくんがゆく!〜名古屋で日本を食らう、世界を食らう〜
  4. 【SOCHI(ソチ)(ロシア料理)】

カルチャーブログ

たべんとくんがゆく!〜名古屋で世界を食らう、日本を食らう〜

← 前へ 次へ →

【SOCHI(ソチ)(ロシア料理)】

2015年8月26日 世界料理

 

 

 

ぴこぴこん。

 

蒸っし暑い日が続くけど、みんな夏バテしてない?

 

おいしい料理を食べて元気になるのが一番だわさ。

 

 

 

mini-tabento1.jpg

 

 

 

今日はロシアの家庭料理を食べにいってきたよ。

 

 

 

マトリョーシカ型の看板が目印になっとる今年1月にオープンしたてのロシア料理店「SOCHI(ソチ)」。

 

店名は冬季オリンピックの開催地にあやかったみたゃーで、

 

特徴は料理人もサービスのスタッフもみぃーんなロシア人が担当しとって

 

まるで現地に行ってきたみたゃーな気分。

 

 

 

1gaikan.jpg

 

 

 

 

 

かわいらしい木の温ともりがいっぴゃーなインテリアの店内には、

 

ロシアから取り寄せたマトリョーシカやグッズも売られとって、

 

旅気分にさせてくれるんだわぁ。

 

 

 

2naikan.jpg

 

 

 

まずこの日のお通しはパンにのせた魚のマリネ。

 

ロシア産のワイン(グラス)864円との相性もバッチリ!

 

 

 

5menu.jpg

 

 

 

メインでいただゃーたのは、

 

煮込んだ鶏肉や野菜が入っとる壺にパン生地で蓋をしたって焼き上げる

 

ロシアでも現地でもポピュラーな家庭料理ジャルコエ1620円。

 

壺ん中にはぎょーさん具が入っとるので、

 

23人でシェアして食べるたるのがオススメ。

 

蓋になっとるパンはちぎったってスープといっしょに食べたるとうみゃーでぇ。

 

 

 

6menu.jpg

 

 

 

アラカルトのほかにもコース料理が5種類あり、

 

内容も充実しとるので迷ってまったらコースを注文しったたほうがええかも知れん。

 

それから、ロシアから取り寄せた民芸品やグッズが飾られとって、買うこともできるでぇ。

 

 

 

3naikan.jpg

 

 

 

 

 

tabento-ido.jpg

 

 

 

 

(解説)

 

今回訪れたのは今年の1月にオープンしたロシア料理店「SOCHI(ソチ)」。

 

このお店の特徴は、料理人もサービスのスタッフもロシア人が担当しており、

 

まるで現地を訪れた気分になれること。

 

かわいらしいインテリアの店内には、

 

ロシアから取り寄せたマトリョーシカやグッズも売られており、旅気分に浸れそう。

 

いただいたのは、現地でもポピュラーなジャルコエ。

 

ジャルコエとは、煮込んだ鶏肉や野菜が入った壺にパン生地で蓋をして焼き上げるロシアの家庭料理だ。

 

中にはたっぷりの具が入っているので、23人でシェアして食べるのもオススメ。

 

アラカルトのほかコース料理が5種類あり、内容も充実しているので迷ったらコースを注文するのも良さそう!

 

 

 

 

お店データ

 

ロシア家庭料理 SOCHI(ソチ)

 

住所/名古屋市中区栄1-11-5 御園ビル 地下1

 

電話/052-202-3066

 

営業時間/17:3022:0021:30 LO

 

休日/日曜、祝日

 

アクセス/地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅6番出口から徒歩約2

 

1人につき、お通し代324円必要

 

 

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

たべんとくん

ある夜、栄オアシス上空に飛来した謎の生物。
UFOに乗って名古屋周辺をあちこち巡り、おいしいもの、「たべんといかんもの」を探している。
人見知りらしく、目だけでこっそり見つめていることも。手を振ってあげると、喜ぶ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外