【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From札幌 広々ビックリ北海道だ!!
  4. この市場メシは、特産品のバトルロイヤルなのだ

ブログ 観光地ブログ

← 前へ 次へ →

この市場メシは、特産品のバトルロイヤルなのだ

2016年8月12日

テレビのグルメ番組で、タレントさんが各地の市場を巡りながら、地域の特産品を紹介するという定番パターンさながら、日曜の午前10時に札幌中央卸売市場を散歩してみた。

jogai5.jpg

場所は札幌都心部から車なら10分もかからない北12条西20丁目。タクシーで行くなら、中央卸売市場というより、場外市場といった方が分かりやすいかも。ちなみに地下鉄で行くなら東西線の「二十四軒」駅5番出口から徒歩7分。

jogai1.jpgjogai2.jpg

日本人観光客はもちろん、海外からの観光客も市場ならではの雰囲気を楽しんでいる。とりあえず、北海道内各地で採れたばかりの野菜、果物、それに水揚げされたばかりの魚介類がオリャー!といわんばかりに並べられている。

jogai3.jpgjogai4.jpg

約60店舗の鮮魚店、青果店、乾物店が朝6時から繰り広げる特産品バトルロイヤルといった感じだ。タラバガニ、毛ガニ、花咲ガニ、ズワイガニといった北海道の海の幸の王者ともいえそうなカニはもちろん、これからはサンマや秋シャケ、シャコにシシャモなども美味。負けじとトウキビ(とうもろこし)、メロン、ジャガイモといった山の幸も、チームワーク良く、それぞれの得意技で勝負をかけてくる。

jogai6.jpg

また、さらにこの場外市場では、ここならではの市場メシを食べさせてくれる味な店がいっぱいあるのだ。約20店ある飲食店の中には、旬の海産物を使ったどんぶり物や、寿司などが多いが、今や札幌名物の一つであるスープカレーの店や、とん骨と肴のあらを使ったスープで知られる「あらとん」といったひと味かわった店もある。

jogai7.jpg

朝は早目がいいらしいので、まずは土産品を購入、それから早目の昼食が市場メシというのがおすすめ。北海道を丸かじりできるスポットなのだ。
 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

浅井 精一

いつのまにかすっかりオヤジになってしまったことに気がついた昭和34年生まれの男。函館出身で母校の函館西高の大先輩が北島三郎、一年後輩が辻人成(といっても面識は無い)。札幌の大学を卒業後、タウン誌編集や10年以上ホテルマンを経験するなどして、現在は編集プロダクション(株)カルチャーランド(札幌・社員24人)代表。手塚治虫マニアであること、昭和40年代のプロレスファンであることで、ごく一部に有名。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外