【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From京都 一見さん大歓迎!!京都
  4. 沢ノ池までドライブ♪

ブログ 観光地ブログ

← 前へ 次へ →

沢ノ池までドライブ♪

2017年6月13日

先日、思い立って
「沢ノ池」(京都市右京区)へドライブに行きました。

ご覧のとおり、池と木ぐらいしかありません。

電気もガスも通っておらず、水道もお手洗いもない(!)ので、
京都市内で無人島気分を味わえそうです。
IMG_3214.JPG ※人はパラパラといます。

農作業用に、江戸時代末期に造られた人工池で、
時代劇などのロケ地としても使われている沢ノ池。
IMG_3205.JPG (上戸彩さんもロケで訪れたことがあるそう)

定期的に水質管理や学術調査が行われているそうで、
エメラルドグリーンで、フォトジェニック!
IMG_3216.JPG

しかし、よく見ると......
IMG_3212.JPG

池の水を飲むことはできません。
泳いだり、水遊びも避けてください。
IMG_3215.JPG 水などは自宅から持参しましょう。

なにもない沢ノ池ですが、
この日は数組の家族連れやグループが
テントを張ったりして過ごしていました。

携帯電話などの電波も届かないので
静かに過ごすにはぴったりの場所でしょう。
IMG_3208.JPG

太陽の光が降り注ぐ中、池のまわりを散策していると
暗闇なんて想像できませんが、夜は本当に闇に包まれるはず!
IMG_3210.JPG

一泊すると、太陽や日常のありがたみを実感できそうです。
IMG_3219.JPG

十年前に訪れて以来という知人によると、
当時から特に何も変わっていないようですが、
十年前どころか、
沢ノ池が造られた江戸時代以前より歴史を刻み続ける周辺には、
縄文時代の遺跡なども見られるようです。

道幅が狭い、ガードレールのないところがある、迂回が必要、車体が泥でやたら汚れるなど、
運転には骨が折れるルートであるものの(ナス子は乗っているだけでしたが)
この夏のドライブにいかがでしょうか。
IMG_3211.JPG

【沢ノ池】
京都市右京区鳴滝三本松あたり

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

賀茂 ナス子

京都生まれ、京都育ち。
中学は吹奏楽部、高校は茶道部に所属、そして大学時代はアメフト部のマネージャーを経験。
やりたいことは何でもやってみるのがモットーだ。
念願だった京都の編集プロダクションに入社し、京都のフリーマガジン[news]や京都に関する旅行誌などの編集・ライターを担当している。
友達に舞妓さんがいるのがちょっとした自慢。
愛犬は柴犬。二条城のまわりを散歩するのが日課だ。
好物は京都[第一旭]のラーメン。
おやつは[出町ふたば]の豆もち。
最近名古屋がわりと近いことを知った。
京都はうす味の料理が多いので、みそカツをはじめて食べたときごはんを3杯食べた経験を持つ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外