【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 福岡空港、周辺ガイド

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

福岡空港、周辺ガイド

2010年3月20日

今回の「ぶらっ人 from 福岡」は、前回の福岡空港ガイドを受けて、空港の周辺のスポットをご紹介します。

福岡空港近くで、"気軽に食事を"という方にお薦めが「天ぷらひらお」と「牧のうどん」。
空港から約2km南にあり、両店は隣り同士です。

1天ぷらひらお 外観.JPGまずは、いつも行列ができている「天ぷらひらお・本店」。すぐ目の前が空港滑走路です(上)。

 

3天ぷらひらお 揚げ立て.JPG揚げたての天ぷらを、一品ずつ提供してくれるので、熱々が頂けます(中)。 

2天ぷらひらお 定食.JPG定食は、ご飯、味噌汁付き。天ぷらが揚がるのを待ちきれず、自家製イカ塩辛や漬物で、ついついご飯が進みます(下)。

 

4天ぷらひらお 天ぷら定食.JPG魚3種に、野菜3品が付く、天ぷら定食は670円。海老、イカ、豚などが付く、お好み定食780円。どれもリーズナブルです。福岡市博多区東平尾2-4-1 10:30?21:30

続いて、博多うどんが味わえる「牧のうどん・空港店」。博多のうどんは、コシのないやわやわの麺で知られています。

5牧のうどん 肉・ごぼううどん.JPGうどん出汁に、肉汁がほどよく染みた肉うどん、これに博多名物・ゴボウ天のトッピングがお薦め(上)。ネギは食べ放題、柔らかい麺が出汁を吸うので、スープも持ってきてくれます。

 
 

6牧のうどん 展望台.JPG店舗横に、うどん屋さんには珍しい展望台(中)があります。

 

7眺め.JPG展望台から、迫力いっぱいの離着陸を、間近に見ることができます(下)。
福岡市博多区東平尾2-4-30 10:00?23:00



8 月の湯.JPG「博多の森 湯処 月の湯」は、大浴場、露天風呂など多彩なお風呂が用意されています。入館料は、平日600円、土・日・祝日650円(23時以降50up)。福岡空港までの無料送迎もあります。
福岡市博多区東平尾1-4-35 TEL092-611-4126 10:00?翌朝7:30 第4木曜日休み

 

 

9レベルファイブスタジアム.JPGサッカーJ2リーグの、アビスパ福岡の本拠地「レベルファイブスタジアム」(博多の森球技場)も徒歩圏内です。


10豊島蒲鉾 外観.JPGお土産にお薦めは、豊島蒲鉾(上)。1954(昭和29)年創業で、手造りの蒲鉾、練り物の天ぷらが評判。 

11豊島蒲鉾 店内.JPG店内(中)には、箱入りから一品ものまで品揃え。名前を入れることができる、ハート型の蒲鉾も。北島三郎さん、ユーミン、EXILEたちが、お店を訪れた際の記念写真も飾られています。 

12豊島蒲鉾.JPG天ぷらは、50円台からあり、多種多彩です(下)一番人気は、博多なんこつ天。 

13春香 外観.JPG飛行機出発のぎりぎりまで、お酒を飲みながら博多の食を味わいたい方は「味市 春香」へ(上)。空港から約3km博多駅寄り、空港通り沿いの路地にある居酒屋で、17時から開店しています。 
 

14春香 イカシューマイ.JPG「味市 春香」で誰もが注文するのが、このイカシューマイ(中)。目の前で蒸し上げ、フワフワの食感は絶品。福岡県久留米出身の藤井フミヤさんも大好物です。 
 

15春香 アジ活き造り.JPG生け簀がありますので、美味しい魚も堪能できます。鯵刺し(下)、イカ刺しなど、その日上がった魚の、新鮮な活き作りを頂けます。

 

16醤油焼きそば.JPG居酒屋メニュー以外にも、魚介がたっぷり入った醤油焼きそば、ご飯類など、豊富なメニューが揃っています。お酒を頂かない方でも満足感、間違いなしです。
福岡市博多区東光2-5-16 TEL092-413-2155 日曜休み

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ