【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ドイツ魔女街道を旅してみませんか?
  4. 悪魔

旅ブログ 海外ブログ

← 前へ 次へ →

悪魔

2015年9月 7日

 魔女の定義の一つに「悪魔と契約する」というのがある。悪魔とは何かという神学論はさて置き、今回は魔女街道を歩いて出会った悪魔の話である。

1悪魔にキス.jpg

☆悪魔の尻にキスをして忠誠を誓う魔女たち(グアッツォ『魔女概論』の挿絵1626年)

 

 ヴァルトブルク城(チューリンゲン州アイゼナーハ)は詩人タンホイザーをモデルにしたワーグナーの「ヴァルトブルクの歌合戦」の舞台になった。またドイツ帝国議会によって追放されたマルティン・ルター(1473-1546)がこの城にかくまわれて聖書のドイツ語訳をしたところでもある。翻訳しているルターのところに夜ごと悪魔がやってきて邪悪をしたので、ルターがインク壺を投げつけたら二度と来なくなったという伝説がある。

2ヴァルトブルク城.jpg

☆ヴァルトブルク城

 

3歌合戦.jpg

☆「ヴァルトブルクの歌合戦」(シュヴィント画。歌合戦の間)

 

4タンホイザー.jpg

☆タンホイザー(マネッセ写本、1340年頃)

 

5ルターの部屋.jpg

☆ルターが聖書の翻訳をしていた部屋

 

6悪魔1.jpg

☆部屋の隅に悪魔の人形が吊されている

 

 ヘーアゼルベルク山はヴァルトブルク城からも見える。山頂にはタンホイザーを誘惑したヴェーヌス(ヴィーナス)の住む洞窟がある。また、麓の村ゼッテルシュテットには悪魔が住んでいたという。ある王妃が亡き王のためにこの地に礼拝堂を建てようしたら、悪魔がやってきたという。それで、ここをザータンシュテッド(悪魔の場所)と名付けたという。

7眺め1.jpg

☆ヘーアゼルベルク山から見るゼッテルシュテットの村。遠くにヴァルトブルク城も見える

 

8ヴェーヌスの看板1.jpg

☆ヴェーヌスの洞窟の説明版

 

9洞窟1.jpg

☆ヴェーヌスの洞窟

 

10タンホイザー看板1.jpg

☆タンホイザーの洞窟もある。コウモリの孵化場ゆえ立ち入り禁止

 

11シール.jpg

☆山頂にあるヘーアゼルベルクハウス100周年記念のシール

次回をお楽しみに。

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

西村佑子(にしむら・ゆうこ)

うお座。早稲田大学大学院修士課程修了。
青山学院大学や成蹊大学の講師を経て、現在はモアビートプロモーションの「ドイツセミナー」講師。
これまでに「グリム童話の魔女たち」展(栃木県いしばし町グリムの館)の企画・監修やドイツ魔女街道ツアーの同行講師、
薬草専門誌に連載記事を掲載するなど、ドイツの魔女と薬草にかかわってきた。
主な著書に『グリム童話の魔女たち』(洋泉社)『ドイツ魔女街道 を旅してみませんか?』(トラベルジャーナル)、
『魔女の薬草箱』『不思議な薬草箱』(いずれも山と溪谷社)、『ドイツメルヘン街道夢街道』(郁文堂)など。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外