【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. 相島の旅4 ~島の決まり~

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

相島の旅4 ~島の決まり~

2018年1月14日

相島の猫さん2804.jpg

先週からの続きです。
フェリーから降りて船着き場を歩いていると早速猫さんがいらっしゃいます。

相島の猫さん2805.jpg

網の中に猫さんが入り込んでいると、島の方が出してあげます。
ここでの猫さんと人間の関係が垣間見えますね!

相島の猫さん2806.jpg

網から出てもやっぱりそこがお気に入りなんですか!?

相島の猫さん2807.jpg

島に入るとすぐに招き猫さんが置いてあります。
世界的に猫さんで有名な島だけはあります。

相島の猫コムギさん2808.jpg

少し行くと、茶トラの大きな猫さん。
テレビにも出たことがあるコムギさんです!

相島の猫コムギさん2809.jpg

こちらがその時の告知ポスター。かっこいい写真b

相島の猫さん2810.jpg

島に入ると、また別の猫さんたちがいらっしゃってそっぽを向いていますが・・・

相島の猫さん2811.jpg

向き合います。

相島の猫さん2812.jpg

周りには他にも数匹の猫さんがのんびり。

相島の猫さん2813.jpg

フェリーの待合室は比較的自由に猫さんが出入りしていています。窓際で温まっている猫さんも。

相島の猫さん2814.jpg

一方、食堂や売店がある場所は猫さんが入れない場所となっています。
ちゃんと住み分けをして線引きをすることが共存を続けていくには必要ですよね。

相島の猫さん2815.jpg

そして、餌やり禁止のポスターもあります。(英語でも記載あり)
ここ相島の猫の研究をされている山根先生が新聞の記事で書かれていたものを読んだのですが、
最近は観光客が多くなり餌をもらう機会も多くなって繁殖力が強くなっている傾向がみられるのだそうです。
(年1回だった出産が年2回になるなど)
猫さんが増えすぎると、今まで島と人との共存が成り立ってきたバランスが崩れてしまうと考えられるので、そこは島に住んでいない余所者である観光客がマナーも含めちゃんと気を付けないといけないところなのでしょうね。

撮影:2017年11月

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ