【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. ブータン王国の旅

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

旅ブログ 国内&海外ブログ
Let's 一期一会! 国内&海外ブログ

← 前へ 次へ →

ブータン王国の旅

2011年8月 2日 海外

こんにちは、みっぴーです。

7月1日から8日まで、ブータンに行ってきました

ブータンには、バンコク、カトマンズ、ダッカなどから
ブータンの航空会社、ドュルックエアで入ります。
今回私たちはバンコクで1泊し、翌日の朝の便で
パロに入りました。

この時期のブータンは雨季です。でも高山植物のベスト
シーズンであり、今回はブルーポピーを探しに行ってきました。

ドュルックエアで標高2300mのパロ国際空港に降りると、
徒歩でターミナルへ・・・。ターミナルといってもブータンの
伝統様式の建物です。中に入るとすぐに入国審査。

DSC07382.JPG
 

 出口では民族衣装を着たガイドがお出迎えです。

すると、ドライバーが車の上に。。
そう、ブータンはスーツケースなどの荷物は車の屋根の上に積むのです

DSC07384.JPG

 しばらく田園風景を走ります。ブータンは日本の50年前の風景ですね。

DSC07387.JPG

 まずは国立博物館へ。
次に、パロ・ゾン。このブログのなかでゾンという言葉がこのあとも
でてきますが、ゾンは城壁やお寺のこと。ゾンの中に入るときは
観光客は長袖を着なくてはいけませんし、民俗衣装を着ているガイドは
肩から白い布をかけます。正装ですね。

 DSC07398.JPG

 DSC07433.JPG なかなかイケメンのガイドさんでした。

 このあと4時間かけてプナカへ。途中ド・チュラ峠(標高3150m)で
小休憩。あいにくの天気で視界が・・。晴れていればヒマラヤが見えるそうです

DSC07467.JPGDSC07576.JPG

 雨と霧で・・               こちらは少し晴れたときです。  

      
プナカでは、プナカ・ゾンや子宝のお寺として有名なチミ・ラカンまで
ハイキング。田んぼのあぜ道を歩きます。ガイドさんはムーミンにでてくる
スナフキンみたいでしょ。

DSC07524.JPGDSC07532.JPG

DSC07531.JPG

 どのお寺にもマニ車があります。これをまわせばお経を唱えたことと同じ
功徳があるのです

DSC07541.JPG

 地元の野菜市場にも行きました。日本と同じような野菜が並んでいますよ。
それから、ブータンでは唐辛子をよく頂きます。ここでは唐辛子調味料
ではなく野菜なのです。
 DSC07559.JPGDSC07563.JPG

 ここでちょっとブータンの食事について。。
ブータンではお米が主食です。白米もありますが、赤米をよく食べます。
それから唐辛子とチーズを煮込んだもの。とても辛いのですがご飯と
一緒にいただくとなんとか食べられますし、だんだんくせになにますよ。
観光客は5種類くらいのビュッフェ形式が多く、赤米、お肉や野菜の煮込み
料理、焼きそばなどを頂きます。
 DSC07460.JPG

DSC07686.JPG

 次に首都のティンプーへ
メモリアルチョルテン、国の獣ターキンの放牧地、手漉き紙工房、民俗博物館
図書館、郵便局、ブータンの国のオフィスであるタシチョ・ゾンを見学

 DSC07580.JPGティンプーの街中

 ブータンの国獣 ターキン

そして、今回のメインであるブルーポピーを探しに山へ・・
3988mのチェレラ峠まで車で上がり、ブルーポピーを探し、歩きます。
かなり急なところもありましたが、みつけましたよ。きれいでしょ?

DSC07784.JPGDSC07786.JPG

帰り道、ブータンの国技である弓の試合を試合をしていました。
145m先の的をめがけて弓をはなちます。みっぴーは的が見えませんでしたが
ブータンの方は視力が良いのですね。
 DSC07941.JPG

的に当たると勝利の歌と踊りが始まります

DSC07943.JPG

そのあとは農家におじゃましてバター茶とお菓子(お米で作ったもの)を頂き
休憩です。

DSC07988.JPGDSC07989.JPG
 

ご参加いただいた皆様。ありがとうございました。きっと皆様の

心の中にはブータンの人々や風景が残っていることと思います

ブータンは貧しい国です。でもブータンの方の心の中は私たち日本人よりも
豊かであると感じました。それはきっと国民総幸福量を理念としている国だから
なのでしょうか?
何不自由なく生活している私たちがブータンに行くと
不便なことだらけです。(ブータンに行かれたら便利さは求めてはいけません)
日本に帰国したらきっと今の私たちがどんなに恵まれすぎているのか実感
できることでしょう。。。

 

来年「4月1日出発 ブータン パロのツェチュ祭 8日間」コースを

まもなく発表します。お楽しみに・・・・・

次回のみっぴーは、マレーシアの 「ボルネオ大自然満喫の旅」です

おまけ・・・

みっぴーのブータン民族衣装姿です

DSC07751.JPG

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ