【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. インド・ダージリン ヒマラヤ鉄道とガンジス河の旅に行ってきました!

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

← 前へ 次へ →

インド・ダージリン ヒマラヤ鉄道とガンジス河の旅に行ってきました!

2011年11月30日 海外

こんにちは、エミリーです

今回は11/17発で行ってきました「インド ダージリン ヒマラヤ鉄道とガンジス河の旅」の様子をご紹介します。

初日はタイ国際航空にて、バンコクを経由、インドのカルカッタに着いたのは、深夜。
明日のフライトに備え、ホテルに直行します。
カルカッタの現在の名前は「コルカタ」。カルカッタは英語名だそうです。

2日目、国内線にてバグドクラに。バグドクラからダージリンへは、ジープに乗っての移動です。
距離は100km弱ですが茶畑のある山道を抜けていくので、約4時間かかります。
途中、茶畑を見渡せる高台で写真を撮ったり、ダージリンティーを飲んで休憩。
今回は遠回りして特別にネパールとの国境に立ち寄ったり。
(歩いてちょっとだけ、ネパールに入りました☆

s-P1040072.jpgこんな道をドライブ。

ダージリンは紅茶の名前で知られている通り、茶園があちこちにあります。
またヒマラヤの眺望が素晴らしく、19世紀にイギリス人が避暑地として開発したので、
洋館や教会など、そんな雰囲気があちこちに漂っています。
ダージリンでの宿泊は、マハジラジャの別荘として使われていた「メイフェア ダージリン」

s-P1040091.jpg

 

3日目は、ダージリンの観光です。
まずは世界遺産にも登録されている「ヒマラヤ鉄道」通称トイ・トレインに乗車。
線路幅がわずか610mmの軌道を走る、2輌編成のかわいらしい列車なのでトイ(おもちゃ)といわれているのでしょうか?
開業1881年のアジアでは最も古い登山鉄道です。
今回はダージリン駅からグーム駅まで約1時間乗車します。 

s-P1040141.jpg s-P1040150.jpgs-P1040204.jpg
 

路面電車のように道路を走ったり、店先や民家のすぐ前を通過。

s-P1040167.jpg   

途中、バタシア・ループで10分ほど停車。

s-P1040191.jpg
インド最高峰(標高世界第3位)8586mのカンチェンジュンガはじめヒマラヤの眺望が素晴らしかったです

グーム僧院(イガ・チョリン・ゴンパ)

 s-P1040210.jpg

 

午後はダージリン市内観光。
山の斜面いっぱいに広がる茶畑。見渡す限りの光景は圧巻!

s-P1040217.jpg s-P1040216.jpg

ユキヒョウやレッサーパンダのいるヒマラヤ動物園にも行きました

s-P1040228.jpg 

4日目は早起きをし、まだ暗いうちにホテルをチェックアウト
ヒマラヤの展望台タイガーヒルに日の出鑑賞に。
着いた時はガラガラだった駐車場も、日が昇る頃には満車状態。
ツアーは3階の展望室を利用したので、ゆっくりと楽しめました。

s-P1040284.jpg日の出の時

カンチェンジュンガなどヒマラヤに陽が差しますs-P1040280.jpg

外も人で溢れています。室内でも寒かったので、外は大変では?

s-P1040301.jpg

遠くには世界最高峰エベレストの頂が望めました。
     (真ん中辺りにうっすら写っているの、分かりますか)

s-P1040306.jpg 

この日はバグドクラ空港から、デリーに。
インド門前では、ちょうどコンサートが行われていてすごい人です。

s-P1040331.jpg

 

5日目、国内線にてベナレスに。
ブッダが初めて説法をした地、サールナート観光。
生誕の地ルンビニ、悟りの地ブッダガヤ、入滅の地クシナガルと並んで、
仏教の四大聖地といわれています。

チャガンディ・ストゥーパ。 s-P1040337.jpg

ダメーク・ストゥーパ。   s-P1040343.jpg
 

いろいろな国の仏教徒の巡礼グループがあちこちに

s-P1040354.jpg

 

6日目早朝は、小船に乗ってガンジス河のヒンドゥー教徒による沐浴風景を見学

s-P1040412.jpg

日の出の頃が、沐浴も沐浴見学の小船もピークのようです。

   沐浴。   s-P1040390.jpg

その近くでは洗濯。s-P1040400.jpg

火葬場も2ヶ所あるのですが、そこは撮影禁止です。

ガンジス河の沐浴の光景は、インドという国の縮図のようで、うまく表現できないですが私はカルチャーショックを受けました
ご興味をお持ちになったらぜひご自身の目でお確かめください。

沐浴見学の後、ホテルで小休憩を取り、タイ国際航空にてバンコク経由、
7日目の早朝に中部国際空港に帰りました。
ご参加いただいた5名の皆さま、ありがとうございました。
帰ってきたら、名古屋は急に寒くなっていましたが、その後体調はいかがでしょうか。
またの機会にご一緒できることを楽しみにしています。

今回も長文のエミリーブログに最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。


中日旅行会では、2012年2月・3月に「インド 7大仏跡聖地巡礼の旅」を企画中です。
ツアー中、ガンジス川の沐浴見学も予定しています。
詳細は12月中旬に発表予定です。http://www.chunichi-tour.co.jp/kaigai/index.php

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

あずき

ハイキング・登山といった山旅の魅力にハマっているあずきです。今年もいっぱい歩いて、たくさんの美しい景色や素敵な人との出会いを増やしていきたいです!

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外