【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. ツタンカーメン展★VIPパスコース★

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

← 前へ 次へ →

ツタンカーメン展★VIPパスコース★

2012年5月 2日 お知らせ , 国内

 

みなさまこんにちは、桃花です

先日、今話題のツタンカーメン展へ行ってきました!!!

 

『ツタンカーメン展って?』

…という方のために、少しだけ補足を。

 

黄金のマスクが来日した前回のツタンカーメン展は、1965年・47年前。

約半世紀も前ですね。

 

その際の入場者数は、なんと!!

日本の美術展史上・最多入場者数の400万人を記録しています。

この記録は今も破られていないそうですよー。すごいですよね! 

 

今回のツタンカーメン展は、

2004年から世界中の各都市を巡回し、

1,000万人以上を動員した脅威の展覧会と言われています。

 

会場では、9歳で即位・19歳で急逝した、

謎が多い少年王・ツタンカーメンのミステリーが明らかにされているんです!

 

そんな貴重な展覧会、私は3回も行っちゃいました

そのツアーの様子を今回は紹介しちゃいます♪♪♪

 

当日は週末ということもあり90分待ち。↓こんな具合です。

DSCF0681.JPG

(ちなみに、大阪造幣局の通り抜け期間中は、なんと3時間待ちだったそうですよ

暑い中・雨の中、長時間待っているだけで疲れちゃいますよね。

 

そこで!

今回はそんなわずらわしい待ち時間をカットできちゃう素敵なチケット、

VIPパスが付いたコースでした

 

 当日は・・・

まず、大阪・なんばでの自由散策。

お買い物やお食事をたっぷりお楽しみいただいた後は

ちょっと移動して、天保山の特設会場・ツタンカーメン展へ。

 

VIPパスコースの方は、入口もVIPなんですよー。

正面入口ではなく、裏の、完全な関係者入口から入場します。

因みにVIPパスがない場合の入口はこちら・・・↓

 インパクトある大きなパネルが出迎えてくれます^^

 

今回のメインは、ツタンカーメンの肝臓が納められていた黄金のカノポス容器

曾祖母にあたるチュウヤの棺です。

美術品なので写真を載せられないのがとーーーっても残念です

 

カノポス容器は40cm?くらいの小さな容器なのですが、目を見張るほど精巧に作られています。

 チュウヤの人型棺は2m以上もあり、その大きさ以上に、棺の彫刻や模様に圧倒されました

 

個人的に面白いなぁと感じたのは、ツタンカーメンの半身像。 

ツタンカーメンが実際に身にまとっていた洋服などを掛ける為に使用したとされる、

いわばマネキン?の役割を果たした像だそうです。

 

実際のツタンカーメンの体型が伺える展示品で、見応えがありましたよー。

 

 

因みに希望者の方は↓音声ガイド(別途500円)などを利用しながら回ることもできます♪

DSCF0656.JPG

詳しく展示品について説明してくれますよ♪

 

紹介し切れないのが残念ですが、

他にも、それぞれ形や刻まれた文字に深い意味があることや、

展示品が作られた時代背景などを知ると、感慨深いものがあります。

 

私も、すっかりツタンカーメンの世界に魅せられて帰ってきました。。。( '▽` *)

 

こんな素敵なツアーも、今は満席に近い状態・・・。

残席はゴールデンウィーク明けの5月7日(月)にお問い合わせください^^

 

また!5月7日からは、

HPで新コースどどーーーーーんと掲載予定です!

ぜひぜひご覧下さい☆

 

『中日ツアーズ』

http://www.chunichi-tour.co.jp/

 

.:*・゚桃花゚・*:.

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

あずき

ハイキング・登山といった山旅の魅力にハマっているあずきです。今年もいっぱい歩いて、たくさんの美しい景色や素敵な人との出会いを増やしていきたいです!

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外