【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. 韓国三十三観音巡拝

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

← 前へ 次へ →

韓国三十三観音巡拝

2012年12月 3日 お知らせ , 海外

皆様こんにちは。

夏以来のみっぴーです。

今回は、韓国の三十三観音聖地巡りで4日間、11ヶ寺を巡りました。

韓国にはたくさんのお寺がありますが、観音信仰のあるお寺を集めて2008年より巡拝できるようになりました。

先ず初日は、第1番:普門寺(ポムンサ)です。ここは席毛島という島にあり、仁川空港から江華島まで約1時間半、それからフェリーに乗り換えて・・・という韓国の方にも人気の小旅行の場所です。

 IMGP0120.JPGIMGP0122.JPG

お寺まではこの登り坂・・。運動不足の私にはこたえます(汗)

三十三観音に選ばれたお寺にはこのような看板が掲げてあります。IMGP0124.JPG

2日目は、第3番:龍珠寺(ヨンジュサ)、第4番;修徳寺(スドクサ)、第5番:麻谷寺(マコクサ)、第6番:法住寺を参拝しました。

午前中の修徳寺ではお天気が良かったのですが、夕方法住寺を参拝する頃には雪が・・・・。韓国のお寺が国立公園の中(山の中)にあるので特に寒いのです!!

 IMGP0136.JPG IMGP0152.JPG

 この日のお泊りは、「全州」です。全州といえば、そう!ビビンバです。ここはビビンバ発祥の地。

たくさんの野菜をご飯に混ぜていただきまあす!

IMGP0155.JPG

3日目、引き続き 第7番:金山寺(クムサンサ)、第8番:来蘇寺(ネソサ)、第10番:白羊寺(ペギャンサ)、第9番:禅雲寺(ソヌンサ)です。

皆さんはお寺を巡っていると、「このお寺落ち着くな?」と思うお寺ってありますか?私は来蘇寺で、心が安らぎます。一昨年最初にテンプルステイしたお寺もこのお寺でした。このお寺は他のお寺と違って、建物が「丹青(タンチョン)」という5色の色ではなく、とてもシンプルな建物です。

色が鮮やかですね?                   来蘇寺は落ち着いています      

 IMGP0168.JPG IMGP0180.JPG

 最終日午前は、第32番:奉恩寺(ポンウンサ)でお茶会・蓮の葉の飾りつくり、座禅を体験しました

IMGP0191.JPG IMGP0199.JPG

次に、第2番:曹渓寺(チョゲサ)を参拝しました。

IMGP0222.JPG IMGP0226.JPG

また、韓国は食事も楽しみのひとつですね。おすすめは曹渓寺の目の前にあるレストランで

「バルコンヤン」という名のレストラン。ここは曹渓寺がプロドュースしているレストランで、精進料理を現代風にアレンジしてあります。もちろんお肉は使っていません。とてもおいしく頂きました

 IMGP0213.JPG IMGP0216.JPG

最後に、ご参加頂きましたお客様、お疲れ様でした。また満願されたお客様長い間お疲れ様でした。おめでとうございます。「海外旅行はこれで最後・・・・」とおっしゃっていましたが、そんなことおっしゃらずまたご参加下さい(笑)

次回の三十三観音は来年春4月7日発、夏7月7日発、秋10月20日発です。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。   合掌

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外