【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. 浜野浦の棚田夕景

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

← 前へ 次へ →

浜野浦の棚田夕景

2013年6月 2日 国内

 こんにちは、あきです。

前回に続いて5月中旬に撮影ツアーの添乗に行ってまいりましたのでご報告します(^^)

 

今回は1泊2日!久しぶりの宿泊の添乗でした!

2日間撮影のご指導してくださったのは竹下光士先生です。

FDAを利用して九州は佐賀と長崎へ♪

HM1.jpg

行きのFDAはオレンジ色でした!

FDAの機体はカラフルなので帰りが何色なのか楽しみになります(*^^*)

 

今回のツアーではタイトルからお分かりになるかと思いますが棚田をメインとした撮影でした。

特に1日目は棚田ずくし!!

“大浦の棚田”

かつて弘法大使がその美しさに筆を投げたと伝えられる「いろは島」を背景に広がる棚田。

HM3.jpg

HM4.jpg

大浦の棚田では午前中に1回、時間を置いて午後にもう一度撮影しにきました!

ご参加された方は太陽の位置が変わることでまた違った雰囲気のお写真が撮れたのではないでしょうか?

 

その他、元々の行程にはありませんでしたが、大浦の棚田から近い場所にある

“瓜ヶ坂の棚田”や“いろは島展望台”でも撮影をしてきました!

HM6.jpg

HM7.jpg

HM9.jpg

 

そして1日目の最後は今回のツアーのメインでもある浜野浦の棚田です!!

やはり夕日の撮影スポットで有名な浜野浦は他のカメラマンもたくさん!!

夕方頃からスタンバイをして日が落ちるのを待ちました。

HM11.jpg HM12.jpg

HM13.jpg HM2.jpg

だんだんと棚田が赤く染まり、キレイな夕日の写真を撮ることができました(^^)

皆さまも自信の一枚が撮れたようです!

日が沈んでからは真っ暗の中、棚田が青く染まる風景も撮影しました。

私のカメラでは上手く撮れず、その幻想的な風景をお伝え出来ないのが残念です(T_T)

 

そして2日目。

2日目の前半は先生おすすめのポイントにご案内していただきました♪

玄武岩の断崖を玄界灘の荒波が浸食して生まれた佐賀の景勝地“七ッ釜”へ。

その途中、呼子の朝市にも立ち寄り。

HM14.jpg HM15.jpg

たくさんのお店に港にはたくさんの船があり活気がありました!

そして七ッ釜では展望台からの眺めが良くとっても気持ちよかったです(*´∀`*)

HM16.jpg HM17.jpgHM18.jpg HM19.jpg

 

午後からは佐賀県の島・加部島(かべしま)へ♪

ここでは加部島灯台やのどかな牧場の風景を撮影してきました。

HM20.jpg HM21.jpg

そしてツアーの最後の撮影場所はやはり棚田!

長崎の土谷の棚田に行ってまいりました。

HM22.jpg

HM23.jpg

本当ならこの土谷の棚田も夕日の撮影ポイントなのですが

飛行機の時間の関係で一番いいところで帰ることに・・・。

せっかくなら土谷の棚田でも夕日の撮影ができたら良かったのですが・・・残念(;∩;)

また機会があればぜひ見にきたいですね!!

 

先日には新しい撮影ツアーのパンフレット・5月号が発行されました!

夏から秋にかけてのツアーがたっぷり掲載されています!

棚田の撮影ツアーもありますよ!

気になるツアーがあればぜひぜひご参加ください(^^)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外