【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. カーニバルに沸く南仏とモナコの旅

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

旅ブログ 国内&海外ブログ
Let's 一期一会! 国内&海外ブログ

← 前へ 次へ →

カーニバルに沸く南仏とモナコの旅

2014年3月 4日 海外

こんにちは、エミリーです。

今回は2月中旬に南フランスに行ってきた様子をご報告。
ちょうどニースでカーニバルが開催されるのに合わせて行ってきました。
カーニバル初日の土曜日、花合戦のパレード。
それぞれの山車がお花いっぱいに飾られています。その中でも目を引くのが黄色いミモザ。
桟敷席の一列目を確保した私たちは、飛んでくるミモザを見事にキャッチ!
ミモザだけでなく、山車を飾っている全ての花をパレードでは振舞います。

m201403-P1110696.jpg m201403-P1110614.jpg m201403-P1110684.jpg m201403-P1110710.jpg


あんなにきれいだった山車も最後は骨組みだけに・・・。

m201403-P1110720.jpg m201403-P1110716.jpg
お客様も私も両手一杯の花を抱えてホテルに戻りました。

m201403-P1110721.jpg

同じ日の夜はカーニバルの光のパレード。
たくさんの大きな山車が約2時間かけてパレードします。
今年のテーマは、「美食の王様」。おいしそうな山車がいっぱい!

m201403-P1110755.jpg m201403-P1110752.jpg

m201403-P1110770.jpg m201403-P1110764.jpg


にぎやかにカーニバルの夜は更けていきました。


翌日は、イタリア国境の町マントンに。
ニースのカーニバルと例年同じ時期、フランスを代表するレモン・オレンジの産地のここではレモン祭が開催されます。
柑橘でたくさんのオブジェが出来ています。今年のレモン祭のテーマは「海底20000マイル」。
さすがにオレンジやレモンが飛んでくることはありませんが、大量の紙ふぶきの舞うにぎやかなパレード♪m201403-P1110828.jpg m201403-P1110830.jpg m201403-P1110788.jpg m201403-P1110799.jpg m201403-P1110820.jpg



世界のセレブが集う国モナコに2連泊。泊まったホテルはF1コースのヘアピンカーブ目の前、
ホテルの建物の下がコースのトンネルになっています。普段はとても静かなホテルです。

m201403-P1110855.jpg すぐ近くにはグランカジノ。


m201403-P1110866.jpg 大公宮殿前からヨットハーバーを見下ろします。
今回ご一緒したお客さまは、モナコにはずっと来たかったとこの景色を見ながらとても感動されていました。
そんなお姿を近くで拝見していると、こちらもご一緒できた喜びに感動のひと時でした。


モナコからは、人気のエズをはじめ鷹の巣村を巡ります。
例年に比べ今年は天候に恵まれないそうですが、晴れ男のお客さまと一緒なので、この快晴!
村をこんな場所に造ったのは、生活を守るために大変な歴史があるのでしょうね。 

m201403-P1110837.jpg m201403-P1110841.jpg m201403-P1110854.jpg m201403-P1110851.jpg

車で簡単に行けるようになった現代の私たちからすれば、こんな見晴らしのいいところになるなんて最高!と思いますが。。。


旅の後半は、プロヴァンスを巡ります。
エクス・アン・プロヴァンスは、学生の町・セザンヌの町として、人気のあるところです。

m201403-P1110885.jpg m201403-P1110896.jpg


この町発祥のお菓子「カリソン」。素朴だけどとっても上品なアーモンドの粉のお菓子。 

m201403-P1110890.jpg

南仏を旅しているとどこでも見かけますが、やはり発祥の町で買いたくなりますね。



エクス・アン・プロヴァンスからアヴィニョンへは、リュベロンの村々を巡りながらバスで進みます。
フランスの美しい村に登録されているかわいらしい村々。
ルールマランはギャラリーがたくさん。

m201403-P1110898.jpg m201403-P1110904.jpg 


ルシヨンは赤い壁の村。なぜかこの町の周囲の土だけ赤いのです。

m201403-P1110911.jpg m201403-P1110913.jpgm201403-P1110918.jpg


セナンク修道院は、静かな谷あいにたたずむ現役の修道院。

m201403-P1110921.jpg


ゴルドは、堅固な要塞の町のような印象。

m201403-P1110920.jpg m201403-P1110927.jpg


どの町も夏場のシーズンだと観光客がわんさと訪れ賑やかです。
この時期は静かで本来の姿を見せてくれているようです。お土産やさんがあまり空いていないのは少々残念ですが。


アヴィニョンは城壁に囲まれた世界遺産の町。
ここで2連泊し、ローマ古代遺跡やゴッホの足跡を巡ります。
m201403-P1110929.jpg アヴィニョンの法王庁宮殿。 
m201403-P1110977.jpg アヴィニョン橋。


アルルの古代競技場と劇場。

m201403-P1110959.jpg m201403-P1110961.jpg

ポンデュガールは、古代ローマの水道橋。約2000年前に、石を積んでこれらを造ったローマ人って・・・すごい!

m201403-P1110976.jpg m201403-P1110971.jpg

ゴッホが入院していたというサン・ポール・ド・モゾール。

m201403-P1110942.jpg


m201403-P1110956.jpg  アルル近郊には、跳ね橋があります。

アルルのカフェゴッホ「夜のカフェテラス」のモデルですが、あいにくこの日はお休みでした。
m201403-P1110965.jpg m201403-P1110967.jpg m201403-P1110963.jpg

この時期の南仏は、ちょうどアーモンドの花が見ごろ。一足早いお花見みたい☆

m201403-P1110950.jpg m201403-P1110952.jpg 

m201403-P1110949.jpg ドーテの風車小屋の目の前のアーモンドの花も見事でした!

レ・ボー・ド・プロヴァンスは、岩山の上の要塞都市。今は静かな村で、フランスの美しい村にも選ばれています。

m201403-P1110947.jpg m201403-P1110945.jpg


旅の最後は港町マルセイユに。
ホテルからノートルダム・ド・ラ・ギャルド寺院が見えます。丘に建つ姿がとても印象的です。

m201403-P1110997.jpg m201403-P1110990.jpg


マルセイユ発祥のブイヤベースを最後の夕食に。残った魚をいろいろ入れた漁師のスープですが、
今では高級料理としてレストランで出されています。濃厚な魚のスープ、おいしかったですね。

m201403-P1110995.jpg


10日間の旅の長いブログ、ご覧いただきありがとうございました。少人数で巡る海外ツアーをたくさん紹介しています。

こちらもぜひご覧ください。

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ