【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. <日本百名山>甲斐駒ケ岳を歩いてきました♪ ~その1~

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

← 前へ 次へ →

<日本百名山>甲斐駒ケ岳を歩いてきました♪ ~その1~

2015年7月 6日 国内

皆様こんにちは!彩夏です wink

今回は先週末にリベンジ!してきました、甲斐駒ヶ岳をご紹介いたします。

山旅倶楽部限定企画 黒戸尾根から登る!【甲斐駒ケ岳縦走】は、

実は昨年台風の影響により、彩夏がはじめて途中敗退してきたルートなのです crying 

日本三大急登のひとつで、標高差、距離共に日本一!sweat01

深田久弥氏は、「日本アルプスで一番きついルート」だと書いています shine

参考までに↓

 1)黒戸尾根  尾白川(770)~甲斐駒ヶ岳(2966)
 2)ブナ立尾根 高瀬ダム(1250)~烏帽子岳(2628)
 3)西黒尾根  土合口(770)~谷川岳(1977)
 4)早月尾根  馬場島(740)~剱岳(2999)
 5)合戦尾根  中房温泉(1470)~燕岳(2763)

早月尾根か、黒戸尾根か・・・といったところでしょうか lovely

昔から歩かれてきた、信仰の登山道でもあります。

途中に神社や、石碑がたくさん。

前日は近くのホテルにて宿泊し、早朝、尾白川渓谷の登山道からスタートします!!

まずは、ストレッチ・・・

007.JPG

最近はゆっくり伸ばすより、ラジオ体操みたいに勢いをつけて、体を温めるのが主流だそうです。

009.JPG

登山口にて! がんばるぞ~ お~ rock 

014.JPG

少し林道を歩くと・・・

016.JPG

竹宇駒ヶ岳神社に到着。 皆様で安全登山祈願です。

黒戸尾根甲斐駒 (12).JPG

定員5名の吊り橋!

黒戸尾根甲斐駒 (13).JPG

いきなりの急登!でも、整備された歩きやすい登山道です。

黒戸尾根甲斐駒 (16).JPG

落ち葉がふかふか~

黒戸尾根甲斐駒 (17).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (18).JPG

新緑がまぶしい季節ですね。

お花もちらほら・・・

黒戸尾根甲斐駒 (21).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (20).JPG

先は長い!!

黒戸尾根甲斐駒 (22).JPG

去年はここで撤退を決めました・・・

黒戸尾根甲斐駒 (24).JPG

ガスがかかってちょっと幻想的 heart02

八丁登りを経て、

黒戸尾根甲斐駒 (27).JPG

刃渡りへ。(見た目ほど怖くなかったですよ)

黒戸尾根甲斐駒 (29).JPG

意外と幅アリ。

黒戸尾根甲斐駒 (30).JPG

 

黒戸尾根甲斐駒 (31).JPG

はしごがいっぱい出てきました~ upwardright

黒戸尾根甲斐駒 (32).JPG

高度を稼ぎます catface

黒戸尾根甲斐駒 (34).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (36).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (37).JPG

刀利天狗から、黒戸山をまいて、しばらく下ります。

黒戸尾根甲斐駒 (38).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (39).JPG

五合目にて~もうひと頑張り!背景の岩山を右側から登っていきます。

黒戸尾根甲斐駒 (47).JPG

このはしご、登ります!

黒戸尾根甲斐駒 (48).JPG

高度感が・・・伝わらない?

黒戸尾根甲斐駒 (50).JPG

はしご、岩場、鎖場が続きます happy02

黒戸尾根甲斐駒 (76).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (79).JPG

ようやく到着!七丈小屋です scissors

黒戸尾根甲斐駒 (82).JPG

黒戸尾根甲斐駒 (86).JPG

1日目はこれで終了 confident

皆様お疲れ様でした!

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

あずき

ハイキング・登山といった山旅の魅力にハマっているあずきです。今年もいっぱい歩いて、たくさんの美しい景色や素敵な人との出会いを増やしていきたいです!

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外