【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. 船が宙に浮かぶ島?!ランペドゥーザ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

旅ブログ 国内&海外ブログ
Let's 一期一会! 国内&海外ブログ

← 前へ 次へ →

船が宙に浮かぶ島?!ランペドゥーザ

2015年9月18日 お知らせ , 海外

こんにちは、エミリーです。
8月末から9月上旬にかけて、イタリアに行ってきました。
イタリア最南端の島ランペドゥーザとシチリア島への撮影ツアーです。
今回は、8名のお客さまと写真家森田廣実先生、との少人数での
絶景を楽しむ和やかなツアーとなりました。
ツアーの様子と絶景の一部をご紹介します。

前半は、名古屋から片道4回飛行機に乗ってランペドゥーザ島へ。

201509a-IMG_4496.jpg 201509a-P9010434.jpg
最近は「一度は行きたい絶景」ランキングでもかなり上位にランクインしている話題の地です。
また、イタリア国内では、美しいビーチナンバー1に選ばれているそうです。
9月上旬は、まだバカンスシーズン中だそうで、イタリアはじめ多くのヨーロピアンが訪れていました。
ちなみに滞在中に遭遇した日本の人らしき人は、2人くらいとまだまだ少数のようです。

ランペドゥーザ島での狙いは、宙に浮かぶ船、フライングボート。
海の透明度が高すぎて、海に浮かぶ船がまるで宙を飛んでいるように見えます!
太陽や波、風の状況が揃わないと見えないこの絶景、
3回貸切船をチャーターし、見事2回楽しむことが出来ました。
エミリーも、新しいカメラで挑戦です!
しかし、まだまだ使いこなせず。。。宙に浮いている様子、伝わりますでしょうか?
201509a-P9010481.jpg 201509a-P9010520.jpg 201509a-P9010533.jpg 201509a-P9010513.jpg

お客さまはきっともっとバッチリと映しているはずです。
抜群の透明度を誇る海で、泳ぎも楽しみました。
初日は2人、次の日は5人、最後は8名が地中海に飛び込みました!
ゆっくりと滞在を楽しむ撮影ツアーならではの、南の島時間が流れます。

201509a-P9020822.jpg 201509a-P9031117.jpg

本ツアーの3人のウォーターボーイズよる、L(ランペドゥーザLampedusa)ポーズ!

201509a-P9010576.jpg 201509a-P9020935.jpg

201509a-P9020730.jpg3日間楽しんだ船。シャワーもトイレもあり、快適cheeky


島の内陸部は、石灰質の荒涼とした大地が広がります。

歩いたその先には・・・絶景!

201509a-P9031170.jpg 201509a-P9031181.jpg

崖の下は、こんな感じ。青が違います!

201509a-P9020624.jpg 201509a-P9020626.jpg

夕景の撮影にも向かいました・・・あいにく太陽は雲の中でしたが、それを皆で話しながら待つのも楽しい時間(?!)

201509a-P9030969.jpg 201509a-P9031011.jpg


リゾートとしての一面とは裏腹に、海の向こうチュニジアまでは100km少々と言うこともあり、時折難民船がやってくるそうです。
難民センターが有ります。

201509a-P9020668.jpg

島のメインストリートはローマ通り。
多くのレストランやおみやげ物やさんが並びます。夜8時を過ぎた頃からは多くの人が夕涼みと夕食に繰り出してきます。

ランペドゥーザ島最終日の夜は、メインストリートのお店でバイキングの夕食。

201509a-P9041233.jpg 201509a-P9041214.jpg


ここで食べたジェラードおいしかったですね。

201509a-P9020605.jpgジェラードをブリオッシュ(パン)で挟むのが、ランペドゥーザ流!

201509a-P9031052.jpg 201509a-P9020661.jpg

ランペドゥーザで利用したホテルと、車とドライバーさん。一流の観光地のような快適さはありませんが、温かいふれあいを感じられる滞在でした。



旅の後半は、シチリア島へ。東南部の世界遺産の町々を中心に巡りました。
シラクーサは、紀元前にギリシアが統治していた時代、シチリアの首都だったところです。
ギリシャ時代やその後のローマ時代の遺跡が多く残っています。
天国の石切り場とギリシャ劇場。

201509a-P9041339.jpg 201509a-P9041301.jpg


オルティージャ島(島といっても橋ですぐ渡れます)では、結婚式の写真撮影中のカップルを発見。他の町でも。

201509a-P9051375.jpg 201509a-P9051550.jpg



内陸部に行き、チョコレートでも知られるモディカではもちろん老舗のチョコレート専門店でおみやげ購入。

201509a-P9051472.jpg 201509a-P9051480.jpg

ラグーザの旧市街にある素敵なホテルに宿泊。
夕食の後は、町明かりの撮影を。石造りの町並みと優しい色で灯る町明かりが言葉をなくすほど。三脚忘れのエミリーの写真はピンボケですが・・・。

201509a-P9061628.jpg 201509a-P9061680.jpg 201509a-P9061610.jpg 201509a-P9061689.jpg


カルタジローネは、陶器の町として知られており、蹴上部分を陶器で装飾した大階段は圧巻。
201509a-P9061784.jpg 201509a-P9061776.jpg


旅の最後は、シチリア島第二の都市カターニア へ。翌朝は、市場見学に散歩。
201509a-P9061857.jpg 201509a-P9071899.jpg




前半はゆったり滞在型、後半はシチリアの世界遺産を巡った9日間の旅でした。
撮影ツアーですが、撮影しない方もゆっくりと滞在を楽しみたい方にはピッタリです。

また次なる絶景撮影ツアーを企画中です、発表までしばらくお待ちください!

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ