【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. 韓国・済州島~ 風と女が強い島!

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

← 前へ 次へ →

韓国・済州島~ 風と女が強い島!

2016年10月15日 海外

ずいぶん昔ですが、ここに来たときに女性のガイドさんが「この島は風と女が強いの!」と言っていました。

韓国随一のリゾート地、済州島です。

今回の旅のテーマはグルメ、そして韓国で一番高い山に登ることです。

まずは初日の腹ごしらえ。グルメの講師をお勤めいただいたのは、

コリアンフード・コラムニストの八田靖史先生です。

早速、料理解説!

DSCF1273.JPG

ウマヅラハギの煮物。カワハギの仲間ですが、何といっても肝が上手い!

出汁もよく出てます。

DSCF1278.JPG

これはウニスープ。

DSCF1281.JPG

韓国料理の定番、チジミです。ジャガイモがたっぷり!

DSCF1285.JPG

店の片隅に、八田先生の本が!!!

以前に取材に来られたときにプレゼントされたそうな。。。まるで神棚!

DSCF1286.JPG

八田先生が執筆された「ぶっちぎり108料理」。ぜひ書店でお求め下さい!

DSCF1287.JPG

さて、翌朝。登山組と観光組に分かれました。

我々が目指すのは韓国の最高峰、漢拏山(ハンラサン)!

DSCF1291.JPG

日本の富士山みたいなもので、韓国の人は一度は登ってみたい山だそうです。

天気がよかったので、少し寄り道してサラオルムに行きました。

DSCF1303.JPG

普段は水がありませんが、大雨の直後に湖になります。

数日間振った雨で満々と水をたたえていました。

水が多すぎて木道がこの状態。

DSCF1301.JPG

さて、ランチにしましょう!

海苔巻きとミカン!

日本なら登山のお伴はおにぎりですが、済州島ではこれ!

DSCF1310.JPG

登山口を出て5時間、ようやく山頂が近づきました。

DSCF1322.JPG

山頂も湖になっていました。眼下には街、そして海!

DSCF1331.JPG

日曜日ということもあり、山頂はこの賑わい!

DSCF1329.JPG

いつまでも見飽きない景色。

DSCF1339.JPG

下山します。途中、漢拏山のもう一つの姿。荒々しい岩肌を見せています。

DSCF1349.JPG

吊橋もあります。

DSCF1352.JPG

橋の袂に石像が。二宮金次郎ではありません。女性が水を運んでいる姿。

済州島の女は強く、働きものなのです。

DSCF1353.JPG

無事に下山しました。

今晩もグルメは続きます。

黒豚、アワビと蟹の海鮮チゲ、アワビの釜めし。

DSCF1364.JPG DSCF1367.JPG DSCF1368.JPG

食後、二次会でビール。かんぱ~い!

DSCF1369.JPG

最終日です。朝からグルメ。タチウオのスープ。絶品です!

DSCF1378.JPG

東門市場に行きました。築地みたいなところです。

タチウオが光り輝いています!

DSCF1393.JPG DSCF1392.JPG

済州島最後の食事はコギグクス。豚骨出汁の済州島風ラーメンです。あっさりしていくらでも食べられそう!

DSCF1405.JPG

済州島の旅、あっという間に終わりました。

八田先生、お世話になりました。

韓国料理の造詣の深さには本当に脱帽です!

 

済州島、風は穏やかで、女性もみなさん優しく、そして美しかったです!

取材日:10月8日~10日

~ GAKU

 

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外