【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント
  4. ミズノクラシック

コラム カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント

ミズノクラシック

ミズノクラシック

2年連続賞金女王を狙う横峰さくらは35位タイ、1位アンソンジュに水をあけられた。

2年連続賞金女王を狙う横峰さくらは35位タイ、1位アンソンジュに水をあけられた。

 しばらくの間ご無沙汰してしまった…秋口から冬にかけて、何かと忙しくつい々更新がおろそかに…
今回はミズノクラシック、近いワリには初めて行くトーナメントだ。
会場は近鉄賢島カンツリークラブ、伊勢志摩国立公園の海と自然に囲まれた美しいリゾートコース。このトーナメント、国内唯一の米女子ツアー公式戦で日米賞金ランキング上位選手しか出場できないのだ。ちなみに賞金もドル換算(総額1,200,000ドル、優勝180,000)最近は円高なので日本人選手の場合少なくなるかも?

優勝の申ジエ。

優勝の申ジエ。

 優勝は申ジエ、初日から首位を守り18アンダーで本大会2度目の優勝を果たした。昨年の米ツアー賞金女王、昨年日本でも活躍したので知っている人も多いだろう。母国韓国では現役の女子大生でスマイル・エンジェルと称される22歳。優勝シーンの笑顔が印象的だ。
“しばらく優勝から遠ざかっていたのでとても緊張しました、1番でバーディーを取れ良いスタートができたのがよかった”。11番でヤ二・チェンに並ばれたが13番をバーディー、16番も6mのロングパットを沈めバーディー、ガッポーズ。ここで優勝を確信したという。今週はフェアウェイを一度も外さなかったというショットの正確さに加えパットも決まり、猛チャージで追いすがるヤニ・チェンを退けた。

しばらく優勝から遠ざかっている上田桃子は14位タイ。

しばらく優勝から遠ざかっている上田桃子は14位タイ。

 この優勝で2年連続の米ツアー賞金女王が視野に入ってきた申。“次は休みますが、最終戦が残っているので、今週の良いイメージを持って頑張りたい。最終戦に勝つことができれば暖かく冬を迎えられると思う” 申は中学3年生の時母を交通事故でなくしている“明日は母の命日なので韓国に帰ります、帰るときは必ずトロフィーを持って帰ると誓っていたので嬉しい”と語った。優勝を天国の母に見せる…亡き母への思いが原動力になっているようだ。また、韓国選手の強さについて聞かれると“韓国は小さい頃から勝負事に取り組むことが多いので強くなる”らしいが、要するにハングリーてこと?日本人選手にももっと頑張ってもらいたいものだ、男女ともども…

ギャラプラの伊勢うどん。

ギャラプラの伊勢うどん。

 ここ伊勢志摩へ来たもう一つの楽しみが、この地方の名物“伊勢うどん”と“てこね寿し”だ、伊勢志摩へ来ると必ず食すという私の大好物。早速、朝イチのギャラリープラザで伊勢うどんゲット。てこね寿しはまだ販売されていないのでお昼に食べることに。ところが…12時半頃に行ったらてこね寿しも伊勢うどんも完売、なんと限定品でした…

 では、てこね寿しとは何ぞや?という人もいるかもしれないので少し説明を…そもそもてこね寿しとは、鰹や鮪などの切り身を醤油たれに漬け込み、すし飯に載せ大葉や海苔などを添えて食す。昔、志摩町和具の漁師が、忙しい漁の合間にすばやく食べられる食事ということで考案したといわれる。

あこやのてこね寿し。

あこやのてこね寿し。

 船の上で捕れた鰹を薄切りにして醤油に漬け、ご飯に手で混ぜ合わせ食べたことが“てこね”といわれる所以である。
で、てこね寿しを食わずしては帰れまいと、帰りに食べて行くことに。会場の近く阿児町鵜方にある手打ちうどんの“あこや”さんへ。4時に行ってみると準備中…開店まで待つこと1時間、早速、伊勢うどんとてこね寿しを注文。久しぶりのてこね寿しに舌鼓。伊勢うどんは津や四日市あたりでも食べられるが、てこね寿しは伊勢志摩でしか食べられないのだ。満足々、満腹で帰途についたのであった。

煩わしい松ぼっくり。

煩わしい松ぼっくり。

 話しは変わるが、この季節になると私がドキッとさせられる“モノ”がある。それは…松ぼっくりだ。
松の多いコースでは、秋も深まるとポトポト落ちてくる、てゆうか落ちている。我々はロープ内を歩くのでたまぁにこれを蹴飛ばすことがある。瞬間ドキッツ汗…たしかにボールはフェアウェイに3つ?なんとその正体は松ぼっくりなのだ。あまり開いてない固めのヤツはゴルフボールを蹴った時の感触にそっくりで、ホントドキッとさせられる。特にラフが深いとわかりづらい、足元にあったりしてびっくりなんてこともある…最近、カメラマンやメディア関係者がボールを蹴飛ばすことが多い、ギャラリーは大概ボールの位置を把握しているが、ティーショットから付いて行くカメラマンは位置を把握できていない場合が多い。必然ヨコ見て歩いてたりすると、ラフのボールに気付かない場合がある。実際、ボールが何処にあるか分からない場合はかなり神経を使うものだ。

 賞金王争いも終盤、この記事が更新される頃には残り1試合くらいか?男女とも韓国選手だと国内のゴルフ人気に影響があること必至だ。スポンサーが離れていってしまうかもしれない。男子は石川遼、女子は横峯さくらに頑張ってもらいたい。。。

2010年11月19日

コラムフォト

取材担当プロフィール

山之内 博章 やまのうち はくしょう (はっちゃんと呼ばれています。)
1967年2月24日名古屋市生まれO型の魚座です
ゴルフフォトグラファーをやってますが、他に人物や商品も撮ります。
特技?なんだろ?カラオケは大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外