【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント
  4. 中日クラウンズ

コラム カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント

中日クラウンズ

中日クラウンズ

多くのギャラリーが来場、スタンドには“今、日本のために”のスローガン。
多くのギャラリーが来場、スタンドには“今、日本のために”のスローガン。

 石川遼の連覇か記録更新か?で沸いた中日クラウンズ。各方面震災による自粛ムードが広がる中例年通り開催された。震災から2ヶ月近く過ぎたわけだし、自粛々と言っていても始まらないし日本も元気にならない。会場内ギャラリースタンド始め選手のスコアカードなど、至る所に“今、日本のために”のスローガンがあり、選手、関係者、ギャラリー全てが改めて復興支援を意識する良い機会になったに違いない。また、連休とあって予選から多くギャラリーが入り、多くの義援金も集まり良い大会になったと思う。今後の試合も男子、女子ともども行き過ぎない範囲で大いに盛上げてもらいたいものだ。

 で…試合だが、天気の良かった昨年に比べ今年の天候は今いち…石川遼のスコアと同じくぱっとしなかった。初日は雲が多くて寒く最終日は朝から雨に…
大会初日、第1組のスタート前に選手、関係者、ギャラリー全員1分間の黙祷で始まる。
連覇が懸かる石川遼は2アンダー11位タイ、前半ダブルボギーを叩くなど出入りの激しいゴルフだったが、後半カムバックして何とか68にまとめる。

2日目首位の岩田寛。
2日目首位の岩田寛。

 2日目、岩田寛が単独首位に、被災地でもある仙台市出身の30歳。故郷のために涙をぬぐい頑張って首位に。開幕戦「お先に」の短いパットを外して苦い経験をした。“マークしてまた素振りというのが面倒くさい…”専属キャディーに“それは逃げだ、短い距離を真剣にやって外れるのを怖がっているだけだ”と厳しく叱責された。この言葉にはっとして猛省、雑といわれるパットを戒め短い距離も必ずマーク、それが2日目の成績につながったという。

 この日予選としては過去最高の16054人のギャラリーが入場。大会の盛り上がりに反して石川はイーブン24位タイに後退、この日は終始バンカーに苦しめられた。ホールアウト後の会見では“昨年の58は無理でも、最終日は10位前後で回りたい”と下方修正?

3日目16番バーディーの石川遼。
3日目16番バーディーの石川遼。

 3日目、単独首位に立ったのがブレンダン・ジョーンズ。この日のウェアは上下とも鮮やかなピンク、2日目は上下とも真っ赤…プレスルームでは“ブレンダンどうしちゃったの?”と囁かれるも、最終日はクラウンズカラー、“上下ともブルーと決めていた”そうだ。
この日の石川は3アンダー12位タイ、約束どおり10位前後まで上がってきた。昨年と同じような展開、トップとは6打差“このコースは何が起こるかわからない、まだ18ホールありますから”と、逆転の可能性をほのめかした。

15番、パーパットを外し悔しがるI・Jジャン。
15番、パーパットを外し悔しがるI・Jジャン。

 最終日、ブレンダン・ジョーンズがI・Jジャンとのプレーオフの末優勝。石川遼は連覇ならず。
この日、最終組は単独首位のジョーンズに2打差でI・Jジャン、同じく2打差で金聖潤。
ジョーンズは約束通り上下ブルーのウェアで登場、1番でバーディーをとったものの3番ボギー、その後最後までずっとパーセーブの苦しい内容だった。追うI・Jジャン、出入りが激しくも最後まで食らいつく。金聖潤はこの日ボギーの連発で優勝争いから脱落。最終組が4番ホールを終了した頃、一時小康状態雨が激しくなる。
ジャンが11番バーディーで逆転するも12番ボギーで再び並ぶ、16番もボギーで1打差に…
17番バーディーで再び並びそのまま18番ホールへ、この間ジョーンズはずっとパーセーブ…18番は互いにパーでプレーオフに突入。プレーオフは1ホール目で勝負あり。パーのジャンに対しブレンダンはこの日1番ホール以来のバーディーを決め優勝。

ブレンダン・ジョーンズ、優勝を決めた瞬間天に向かって吼える。
ブレンダン・ジョーンズ、優勝を決めた瞬間天に向かって吼える。

 “クラウンズはずっと前から勝ちたかった試合、歴代の優勝者が素晴らしいノーマンやジャンボ、片山晋吾に石川遼…ここで勝てれば自信もつく。この大会で優勝できて光栄です”
18番までずっとパーでしのいできた心境は?“ジャンはバンカーに入れたりグリーンを外したりしては何とかしのいでいる感じで出入りも激しい、自分の方が良いゴルフをしていると確信していた”
震災、原発の影響で多くのスポーツ選手が帰国したり来日を取りやめる中、家族からの反対はなかったか?“日本ツアーに参戦して10年、日本にも沢山の友人ができた、日本に帰ってきて良いプレーをすることが苦しんでいる人たちの励みになると思うから”と迷いはなかったようだ。
“この優勝で予約してある飛行機が間に合わないと思うので、奥さんは非常に怒っていると思う”
でも、優勝したのだから、賞金も沢山持って帰るのだから…きっと大丈夫ですよジョーンズさん。

2011年05月13日

コラムフォト

取材担当プロフィール

山之内 博章 やまのうち はくしょう (はっちゃんと呼ばれています。)
1967年2月24日名古屋市生まれO型の魚座です
ゴルフフォトグラファーをやってますが、他に人物や商品も撮ります。
特技?なんだろ?カラオケは大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外