【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント
  4. スタジオアリス女子オープン

コラム カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント

スタジオアリス女子オープン

スタジオアリス女子オープン

親子連れに大人気のキッズガーデン、ちょっとしたテーマパークだ。
親子連れに大人気のキッズガーデン、ちょっとしたテーマパークだ。

 先に開幕した国内女子ツアーも既に5試合を終え、内3試合で“プレーオフ”と熱戦が繰り広げられている。6試合目になるスタジオアリス女子オープンに行ってきた。会場は兵庫県にある花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース。この試合の見所?は何といっても充実したギャラプラだ、中でも子供向けのキッズガーデンはちょっとしたテーマパークと言ってもいいほど。本格的なディズニーキャラクターフォトスタジオや親子パター大会、ふれあい動物園、フェイスペイント、パフォーマンスショー、等々“たのしいのはパパだけじゃない!”のキャッチフレーズ通りパパはゴルフ観戦、ママと子供はキッズガーデンというように家族で楽しめるトーナメントなのだ。

 本命の試合へ話しを戻そう、最終日3打差2位タイでスタートした成田美寿々。序盤から6連続バーディー、単独首位タートの藤田光里を追い上げ逆転、2打差9アンダーで今季初優勝、通算6勝目をあげた。

難しい1番ホールでバーディー発進、ガッツポーズの成田美寿々。この後6番まで連続バーディー。
難しい1番ホールでバーディー発進、ガッツポーズの成田美寿々。この後6番まで連続バーディー。

 “逆転の成田”の看板がギャラリーを唸らせた。「負けないぞ」という気持でスタートしたという最終日、難しいと言われる1番ホールでいきなりのバーディー。「難しい1番でバーディー取れたのでいけるかなと思った」というように、その後6番まで6連続バーディー。後半も2バーディーを重ね8バーディーノーボギーで64のトーナメントコースレコードを叩き出した。「休む時は休んで、やる時はやる」と先週は休養に当てた、休みの過ごし方は?「ぐうたらしてました、ずっと寝てましたよ」というようにON、OFFの切り替えを大切にしているようだ。
 途中で逆転され追う立場「ハンター」になった藤田光里については…「後半凄くいいゴルフをしてたし、少しヤバイかなと思いましたけど“負けないぞ”という気持でがんばりました、相手はカワイ子ちゃんハンターだし…ホント凄いんですよギャラリーの声援が…、私がバーディー取った時も凄い声援があるんですが、彼女の時はもっと凄い…」

「笑顔で回ること」が目標の1つだった藤田光里。成田曰く「ギャラリーの声援が凄い」。
「笑顔で回ること」が目標の1つだった藤田光里。成田曰く「ギャラリーの声援が凄い」。

 一方、逆転され2位に沈んだ藤田光里。序盤からの6連続バーディーを見せ付けられては“成す術無し”3番までパーで耐えたものの4番6番とボギー。
 後半、気持を切り替え5バーディーを取るも成田の背中は既に遠くなっていた。追いつくことが出来ず2打差7アンダー単独2位でフィニッシュ。
 優勝は逃したものの、「悔しいというより3日間諦めずにやれたので、すっきりした気持です」というように清々しい表情で目標の1つ「笑顔」でホールアウト。成田の笑顔も印象的だが、藤田光里の笑顔もまた良い。初優勝の笑顔を見る日もそう遠くはないだろう。

2015年04月22日

コラムフォト

取材担当プロフィール

山之内 博章 やまのうち はくしょう (はっちゃんと呼ばれています。)
1967年2月24日名古屋市生まれO型の魚座です
ゴルフフォトグラファーをやってますが、他に人物や商品も撮ります。
特技?なんだろ?カラオケは大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外