【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント
  4. トップ杯東海クラシック

コラム カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント

トップ杯東海クラシック

トップ杯東海クラシック

優勝カップを手に笑顔の片岡大育。
優勝カップを手に笑顔の片岡大育。

 「伊能さんのためにも早く勝ちたかった」トップ杯東海クラシック。最終日最終組は実力メンバーが顔を揃えた。賞金ランクトップの谷原秀人、3位の池田勇太、13位の片岡大育、久々の日本人対決を征したのは片岡大育だった。 07年にプロへ転向。アジアンツアーにも積極参戦。13年にはシード権も獲得し、15年関西オープンでツアー初優勝。 派手さはないが、その誠実な人柄を反映したゴルフをする28歳。 「伊能さん」とは片岡大育の専属キャディーのこと。岡本綾子、宮本勝昌、古閑美保など名立たる選手のバッグを担ぎツアー8勝に貢献した実績を持つ。 先祖はあの日本地図を作成した伊能忠敬という正に“測量”のプロの末裔なのだ。

「うぅ重いっ」伊能キャディーから“お姫様抱っこ”される片岡大育。以前からメディアとの約束だった。
「うぅ重いっ」伊能キャディーから“お姫様抱っこ”される片岡大育。以前からメディアとの約束だった。

 片岡が伊能さんとコンビ組んだのは2年前の14年秋。 その頃、伊能さんは年齢もあり第一線からは退く意向だったが、伊能さんの豊富な経験と、明るいキャラクターを頼りにした片岡の熱い希望により了承。“デコボココンビ”が誕生した。伊能さんは長身で167㎝の片岡に対して176㎝と+9cmと大柄、そんな伊能さんを片岡は「姉さん」と呼んでいて、伊能さんは「大ちゃん」と呼ぶ。歳の差もあり伊能さんからすれば片岡は小さな弟だ。 最初はとりあえず1年という約束だったが、「勝つまでやろう」と今年も誘ったら「大ちゃんの強い気持と人柄が好きだから」、と快く受けてくれた。 そのデコボココンビで2年、片岡自身も実力をつけ昨年の関西オープンでツアー初優勝。が…そのときたまたま伊能さんは別件で隣にはいなかった。今年の中日クラウンズではプレーオフで敗退。優勝を逃し、悔しい思いもした。そんな中で伊能さんの脳裏には「私と組んでいたら勝てないのでは」という思いが…。そんな思いを察していた片岡は「伊能さんのためにも早く勝ちたいという気持が強かった」。 今日はうるさいほどに言われた、「大ちゃんは緊張すると遅くなる“テンポ”だよ、ミスしたら一歩退いてダボは打たないように」。そんな中でも「伊能さんの“デカいネタ”で盛り上がるなど、笑いがあり常にリラックスした状態でプレーできた」。片岡曰く「何よりその空気感がいい」。

優勝を決めた片岡大育。クラウンズでのリベンジを果した上、伊能キャディーの功労にも報いた。
優勝を決めた片岡大育。クラウンズでのリベンジを果した上、伊能キャディーの功労にも報いた。

 池田勇太と並んで迎えた最終18番セカンドショット。グリーン右の池も「姉さんにとっては水溜りですよね」とジョークで笑い緊張感を払拭した。残り4メートルのバーディーパット。これを沈めて優勝すると決めていたが、僅かにそれた。先の池田がボギーとしたため、パーで優勝を決め、伊能キャディーの功労に報いた。
この日片岡が選んだウェアは紺色。5月の中日クラウンズで負け、悔し涙を流したあの日、金庚泰が着ていた色だ。「庚泰の技術を盗もうといつも見ている、今日はあえて庚泰の気持になってみた」クラウンズでのリベンジを三好で果し、嬉し涙を流した。

 
池田勇太はハウスキャディーを起用。「新鮮な感覚を取り戻したい」と、新たなステージへ。単独2位もリベンジはならず…。
池田勇太はハウスキャディーを起用。「新鮮な感覚を取り戻したい」と、新たなステージへ。単独2位もリベンジはならず…。

 片岡と伊能さんのコンビが話題となる中、同じ最終組で勝敗を争った池田勇太にもまたキャディーをめぐるドラマがあった。 池田は間近3試合、ハウスキャディーを使っているのだ。今大会でも専属キャディー福田央さんの姿は無かった。本人の説明では、「新鮮な感覚を追求したくなったと福田さんに打ち明けた」との事。福田さんも理解を示し、コンビ解消に至ったという。ツアーデビュー当時から連添い7年半、14勝は福田キャディーと共に掴んだもの。「福ちゃんには本当に感謝している」とはいえ今大会優勝を逃したものの単独2位。ラウンド中も、ハウスキャディーと楽しげにプレーしている池田の姿を垣間見ることが出来た。また、この原稿を書いている途中でも、次戦「HONMA TOUR WORLD CUP」で優勝のニュースが…。“新鮮な感覚追求”の成果が既に現れ始めているのか? 惜別を乗り越え、池田勇太の次なるステージへのプロローグが始まった。

2016年11月09日

コラムフォト

取材担当プロフィール

山之内 博章 やまのうち はくしょう (はっちゃんと呼ばれています。)
1967年2月24日名古屋市生まれO型の魚座です
ゴルフフォトグラファーをやってますが、他に人物や商品も撮ります。
特技?なんだろ?カラオケは大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外