【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. フラワーパーク江南のコスモス

コラム 花紀行

フラワーパーク江南のコスモス

フラワーパーク江南のコスモス

空が高くなってきたことを実感した、ある秋の晴れた日。
急に思い立って、愛知県江南市にある「フラワーパーク江南」へ向かいました。

フラワーパーク江南(江南花卉園芸公園)は、
国営木曽三川公園の中で最も上流に位置する拠点として、
平成19年5月にオープンした公園だそうです。

エントランス広場に広がるメイン花壇では、
紅葉したコキア(ホウキグサ)やコリウス(キンランジソ)、
サンパチェンス(アフリカホウセンカ)といった
赤系の植物が美しく、秋を実感。

花壇の前に、額縁が設置してありました。
まるで印象派の油絵のようですね。

でも、今回の一番のお目当ては、園内に約30品種あるという「コスモス」です。
まずは、エントランス広場にあるメインの建物「クリスタルフラワー」に
立ち寄って、情報収集しましょう。

売店や休憩室、体験ゾーンのある1階、展示スペースとなっている2階のほか、
地上15メートルの屋上には、展望台も兼ねた屋上庭園も。
「コスモス展」を2階で開催中とのことで、階段を上がります。
(エレベーターもあります)

まず目に飛び込んできたのは、「虹色のコスモス」コーナー。
一瞬、目を疑いました。
最上段左半分に置かれているのは、紫、紺、青、緑のコスモスの花。

横の説明書きには
“白いコスモスに「切り花着色剤」という液をつけて、
実際には存在しない花の色を創り出した”と、種明かしが。

青系以外は、現在園内で咲いている品種だそうです。

↑「切り花着色剤」を使って人工的に作り出された青系のコスモス。
 幻想的で造花みたいな色だけど、ちゃんと生の花なんですよ。

ほかにも、コスモスの歴史や品種、育て方のことなど、
ためになる情報をたくさん仕入れることができました。

中でも驚いたのは、無農薬で育てられた花は食べられるということ。
お菓子やジャムの実物展示やレシピもあって、興味深かったです。
原産地がメキシコというのも、初めて知りました。

準備は万端、いよいよコスモスの花畑へレッツ・ゴー!

↑まず目に飛び込んできたのは、色鮮やかなキバナコスモスたち。
 黄~朱色の花で、一般的なコスモスと同じキク科コスモス属ですが、
 種が違うため、普通のコスモスとは交配できないのだそうです。

↑これはキバナコスモスの「サンライズ」という品種。
 さわやかな黄色です。

↑同じくキバナコスモスの「オレンジフレアー」。
 陽光に照らされて、明るく燃え上がる炎のようにも見えます。

↑続いて、一般的にコスモスといわれる花たち。
 品種もたくさんあります。

↑これは「日の丸」。
 ♪白地に赤く 日の丸染めて~
 って、この個体は少し赤の部分が大きいですね。

↑「ハッピーリング」。
 中輪のかわいらしい花。
 ピンクの波紋と共に、幸せが広がっていくような気分にさせてくれます。

↑「ピコティ」。
 ピコティとは、覆輪という意味で、
 白地にピンクの縁取りや、濃いピンクに白っぽい絞りが入った花。

↑これは「ダブルクリック」のクランベリーかな。
 ダブルクリックは花びらが筒状になった八重~半八重咲きの品種で、
 色によって名前が異なります。

↑たぶん「ダブルクリック」のローズボンボン。
 甘い感じのうすピンクがかわいい。

↑「ダブルクリック」のスノーパフ。
 花だけを単独で見たら、コスモスって分からないかも。

↑これは「ソナタ」の白。
 背は低いが、花が大きいのが特徴。
 ほかに、うすピンクやピンクがあります。

↑これはたぶん「ルベンザ」。
 シックな色合いで、素敵ですね。

↑「サンセットイエロー」。
 黄色というよりクリーム色のような優しい色。
 花の大きさはちょっと小ぶりで、見ていると穏やか~な気分になります。

全体的につぼみも多く、これから見ごろを迎える品種もあるようです。

約8000本と数は少なめですが、
品種を確認しながら楽しむには適度なボリュームだと思います。

ベテランっぽいカメラマンや、うら若きカメラ女子たちが
熱心に写真を撮っていらっしゃいましたよ。

園内にはほかに「風の庭」や「水野庭」「ボーダー花壇」「香りの庭」「果実の庭」
などがあり、さながら植物のテーマパーク。

散策路も歩きやすく整備されていて、とっても気持ちよく回れました。
目の保養、心身のリフレッシュにお薦めの公園です。

↑「風の庭」では、コスモスに混じってパンパスグラスやススキが見ごろでした。

取材日:2013年10月12日

DATA

フラワーパーク江南

愛知県江南市小杁町一色
TEL: 0587-57-2240

交通アクセス

○公共交通機関
名鉄犬山線・江南駅から北へ約4.5キロ(タクシーで約15分)。
○車
東海北陸自動車道一宮・木曽川ICから北東へ約25分。

※3歳から12歳までの児童が対象の遊具がある「子供の庭」もあります。

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外