【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. 庄内緑地、寒咲きの桜たち

コラム 花紀行

庄内緑地、寒咲きの桜たち

庄内緑地、寒咲きの桜たち

北風に身が縮む季節になりました。
紅葉で楽しませてくれた木々もすっかり葉を落とし、
春に向けて芽を出す準備中です。

そんな中、けなげに花を咲かせている花たちの顔を見に、
名古屋市西区の庄内緑地に出掛けてきました。

地下鉄「庄内緑地公園駅」2番出口からすぐの
グリーンプラザで情報を仕入れて、
プラザ南側にある寒咲きの桜並木へ。

遠くから見ると、咲いているのかどうかわからないぐらい。
でも、近寄ってみると…。

確かに咲いています。
これはジュウガツザクラ(十月桜)。

花は小ぶりで、淡いピンク色の花びらが清楚です。

係員の方のお話では、24本あるそうで、
一つひとつの花の命は10日ぐらい。
花期は、品種としては秋と春の2回だけど、
こちらのジュウガツザクラは11月から3月までで、
ずっとどこかの枝でぽつぽつと花が咲いているそう。

満開のようになる「ピーク」は、ある年とない年もあるとか。
2012-2013年シーズンは、寒の緩んだ2月末から3月はじめに
「わーっと咲いてびっくりした」そうです。
今シーズンはどうなんでしょうね。

一枝に白とピンクの花が「思いのまま」のように咲いている
木を発見!

↑これは、一本だけ植わっている「コブクザクラ(子福桜)」。
花びらが20枚以上もある八重咲きの桜です。

咲き始めは白で、だんだんピンク色に変わっていくのだそうです。

こちらの花も小ぶりでかわいらしく、
枝先だけを見ていると梅のようにも見えますね。

一つの花にめしべが複数あるため、実も複数できるということで、
子だくさんから付いた名前のようです。

↑駐車場(第1)側から見るとこんな感じ。
冷たい北風にも負けず、小さく可憐な花を咲かせている桜に
元気をもらいました。

ほかにも、園内で咲き始めた冬の花があるとうかがったので、
見に行きました。

まずは、第1駐車場南にあるツバキ園へ。
66品種のツバキが植えられているそうです。

↑シロボクハン(白卜伴)。
八重のように見えますが、一重咲きです。
中央のもりもりっと盛り上がって見えるものは、
おしべの先が変形して花弁化したもので、唐子咲きというのだそうです。

↑マドノツキ(窓の月)。
趣のある名前ですね。

↑白い花の品種ばかりかと思ったら、赤い花も。
アキノヤマ(秋の山)。

ほかにも、白鷹や京錦、寿光といった早咲きの品種が数輪ずつ
花を咲かせていました。

遊歩道を西に向かって少し歩くと、ロウバイの群れが見えてきました。

↑花を見つけるより先に、香りでわかります。

↑まだ咲き始めということで、ちらほらですが、発見!
ソシンロウバイです。

前日にNHKのニュースで放送されたらしく、
見に来る人が結構いらっしゃいました。

「まだほんのちょっとだね」なんて言いながら、
「でも、いいにおい」と、気の早い早春の花を楽しんでいましたよ。

寒いときは寒いときの花が咲き、生活に彩りを添えてくれる。
うまずたゆまず、季節を教えてくれる花たちに教えられることって
本当に多いですね。

取材日:2013年12月21日

DATA

庄内緑地

名古屋市西区山田町大字上小田井字敷地3527
TEL:052-503-1010

交通アクセス

○公共交通機関
地下鉄鶴舞線「庄内緑地公園駅」2番出口すぐ南。
市バス栄11系統「如意車庫前」「平田住宅」行きまたは名駅12系統「如意車庫前」行き「庄内橋」下車、西へ150m
○車
名古屋高速(6号清須線)庄内通ICから北西へ約2km。

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外