【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. 愛知県南知多町「南知多コスモス街道」のコスモス

コラム 花紀行

愛知県南知多町「南知多コスモス街道」のコスモス

愛知県南知多町「南知多コスモス街道」のコスモス

久しぶりにすっきりと晴れ渡った日曜の朝。
どこかに行きたくて、ウズウズ、ウズウズ。

この時期にきれいな花といえば…。

「そうだ、コスモスを見に行こう!」

せっかくの晴天なので、
海沿いのドライブも兼ねて、
知多半島の南端にある南知多町の南知多コスモス街道(県道280号)へ。

一帯では、10月中旬から11月上旬まで
「豊丘花街道コスモスまつり」が開催されています。

↑臨時無料駐車場(鯛祭りひろば)とコスモス畑は、
 県道280号を挟んで隣接しています。

↑案内板。

地元の耕作者の方々が、
南北を走る県道280号沿い
約2ヘクタールの休耕田に
200万本ほどのコスモスを植栽されています。

若干高低差のある耕地に、
少しずつ時期をずらして植えて、
なるべく長く楽しめるようにしてあるそうです。

↑南の方のコスモスたちは、
 咲きはじめた感じ。
 咲いている花とつぼみが
 半々ぐらいかな。

↑中央辺りから北(豊丘IC)の方面を見たところ。
 手前はまだあまり咲いていませんが、
 奥の方は、結構咲いている感じ。

↑現在スタンバイ中、
 咲く気満々のつぼみたち。

↑すごくたくさん咲いている一角も。
 みんなお日様の方を向いて、一生懸命咲いているように見えます。

↑品種はセンセーショナルミックスとのことで、
 濃いピンク、薄いピンク、白、
 と、カラフルでとってもかわいいです。

↑北の一角には、キバナコスモスも
 にぎやかに咲きそろっていました。

↑印象画のような風景。
 思わず引き込まれそうになります。

うねとうねの間は歩けるようになっているので、
花に囲まれながら、のんびりと散策が楽しめます。

コスモスたちの背の高さは、
腰丈のものから、大人の背丈ほどのものまで、
植えてある場所によって、まちまちです。

くまなく歩いて、
お気に入りの一角を探してみるのも、楽しいですよ。

↑北端の県道7号線から、
 南西の方向を見下ろしたところ。
 花たちの淡い色合いがぼうっと浮き上がって見えて、
 きれいです。

↑歩道に、きれいな色合いのカマキリを発見!
 左右にゆらゆら揺れて、日向ぼっこをしていました。

ほかにも、
ショウリョウバッタやコオロギ、チョウチョ、ハチなど
たくさんのムシさんたちがいましたよ。

↑働き者のハチさん。
 コスモスの蜜に夢中なので、ちっとも怖くありません。

↑こちらのイモムシさんもお食事中のようですが…。
 なんと、花びらを食べています!
 (上の花の右下部分)

コスモスはエディブルフラワー(食用花)としても知られているので、
花びらもおいしいんだろうけど。
鑑賞する立場としては、
できれば花びらは食べないでもらいたいなあ。

たくさん植わっているコスモスたちですが、
一つ一つの花は、その表情も千差万別です。

↑華麗なドレスの生地のような、
 ショッキングピンクのコスモス。
 陽に透けて、とってもきれいです。

↑咲きかけの白いコスモス。
 がんばれ、あと一息だ!

↑数は少ないですが、
 ピコティ(覆輪)のようになっているコスモスも。
 色の出方も均一でないところがいいですね。

↑この花は、八重咲きっぽいですね。

全体の見ごろまでは、まだ少し先のようでしたが、
場所によっては満開に近い一角もあって、十分楽しめました。

でも、やっぱり全体がピンクに染まる様子も見たいな~。
できれば、10月の終わりごろにもう一度訪ねたいなと思いながら、
帰途につきました。

取材日:2016年10月16日

DATA

南知多コスモス街道

愛知県知多郡南知多町大字豊岡字駒帰周辺
 ※10月中旬~11月上旬は「豊丘花街道コスモスまつり」開催(無料)
 問い合わせ先:0569-62-3100(南知多町観光協会)

交通アクセス

○公共交通機関
 名鉄河和線・河和駅からコミュニティバス「海っ子バス」豊浜行きに乗り、
 「鯛祭りひろば・花ひろば前」下車すぐ。

○車
 南知多道路・豊浜ICから県道280号を東へ約1キロ。
 ◎「コスモスまつり」来場者は、隣接する「鯛祭りひろば」
 (えびせんべい製造直販店、年中無休、無料休憩所あり)
 の駐車場が無料で利用できます。

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外