【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. 名古屋市「茶屋ヶ坂公園」のアジサイ

コラム 花紀行

名古屋市「茶屋ヶ坂公園」のアジサイ

名古屋市「茶屋ヶ坂公園」のアジサイ

梅雨らしくない晴天が続く中、
「時期だし、近場のアジサイを見に行ってみようか」と、
名古屋市千種区にある「茶屋ヶ坂公園」を訪ねました。

千種区の花に制定されているアジサイは、
区内の各所で植栽が進められており、
最もたくさん見られるのが、
この茶屋ヶ坂公園です。

区の土木事務所の方によると、
「5000株以上はある」とのことで、
名古屋市内最大級のアジサイ園ということになります。

↑公園東側の道路からの景色。
 この一角は遊具もある児童園となっていますが、
 ここだけでも、かなりたくさんのアジサイが咲いてます。

児童園を抜けて、
散策路を西に向かって進むと、
メーンのアジサイの植え込みが見えてきました。

↑まるで、アジサイの海です。

茶屋ヶ坂公園は小高い丘にあるため、
斜面の部分に植えられているアジサイは、
立体感があって、迫力を感じます。

↑アジサイの案内板を見つけました。
 園内で見られるアジサイの分類について
 わかりやすく解説してあります。

それぞれのアジサイには、
品種の札が立っているものも所々ありますが、
品種札のないアジサイも多いので、
細かいことは気にせずに、花の美しさを楽しみました。

↑「ウズアジサイ」という札が付いていた花。
 丸っこい花びらがくるんくるんと渦を巻いているように見えて
 かわいいですね。

↑鮮やかなショッキングピンクのアジサイ。
 ちょっと小ぶりだけど、きれいです。

↑パステル系。
 微妙で優しい色合いに、心癒されます。

↑白色系。
 昨今、園芸家に人気の高い「アナベル」っていう品種かな。
 小さな花がこんもりと集まっている様子がかわいらしい。

↑これは…。木陰を好むヤマアジサイ(ガク咲き)かな。
 太陽の光と熱を一身に浴びて、暑さのためか、
 周りの装飾花がだら~んと下がってしまっています。

 (人間なら熱中症なんじゃないでしょうか?
 すぐにでもお水をあげて
 涼しいところに連れて行ってあげたくなりました。)

↑日陰に咲いていた、ガク咲きのアジサイ。
 一つ前の写真のアジサイも、
 本来はこんな感じのはずなんですよね。

「茶屋ヶ坂公園あじさい研究会」の方のお話では、
今年の5~6月は例年と比べて雨が少なく、
花が小さかったり、発色不良だったりと、
アジサイの咲き方にも影響しているそうです。

「雨がしっかりと降ってくれれば、
本来の美しさを見せてくれるようになるんでしょうけどねえ」
と、園内のアジサイに水をやりながら、空を見上げていました。

見ごろは6月20日の前後1週間で、
7月上旬ごろまでは楽しめるのでは、とのことでした。

↑気持ちの良い、アジサイ園の散策路。

↑紫色のガクアジサイ。
 まだ咲いていない真ん中の両性花のつぼみが
 小さな飴玉みたいに見えます。

↑真ん中の両性花が咲ききって、
 周りの装飾花が下を向きかけているヤマアジサイ(ガク咲き)。
 装飾花の色からして、「ベニガク」と呼ばれる種類でしょうか。

↑咲き始めの、ピンク色のアジサイ。
 花びらが少しずつ色付いていく様子がよくわかります。
 初々しくて、大切に見守りたくなりますね。

↑てまり咲きの、きれいなピンク色のアジサイ。
 イラストなどで、よく見かけるタイプですね。

↑「散策の小径」案内図。

地下鉄の茶屋ヶ坂駅からほど近く、
閑静な住宅街にある茶屋ヶ坂公園は、
広さ9.68ヘクタールと結構広く、
アジサイ園のほか、池や涼やかな木立の散策路、
展望台もあります。

↑斜面の木立を抜ける散策路では、
 ちょっとした山歩き気分も味わえます。

まるで高原のような雰囲気で、
結婚式の前撮りに訪れるカップルも
結構いらっしゃるそうですよ。

高台になっているということもあってか、
数年前に地元の方々が協力して行われた調査では、
名古屋の市街地より、3℃ほど気温が低かったそうです。

取材日は晴天で、日中はとても暑かったのですが、
木陰で、お弁当やおやつを広げてくつろいでいる
女性グループや家族連れを見かけました。

とっても気持ちよさそうで、
うらやましかったです!

今回は、
少雨のせいで少し元気のない
アジサイの紹介となってしまいましたが、
その残念な状況を補って余りある魅力が
この公園にはありました。

雨が増えると予測されている6月下旬には、
生き生きと咲き誇るアジサイたちが
本来の美しさを見せてくれると思います。

取材日:2017年6月17日

DATA

茶屋ヶ坂公園

名古屋市千種区揚羽町1丁目
TEL:052-781-5211(千種区役所土木事務所)

交通アクセス

○公共交通機関
地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅から南へ約400m。
公園の西側には市バス「赤坂」バス停が、北側には「霞ヶ丘」バス停がある。
○車
名古屋高速・東片端JCTから東へ、約6km。
※駐車場なし(周辺に一般のコインパーキング有り)。

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外