【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. 愛知県小牧市「市民四季の森」の皇帝ダリア

コラム 花紀行

愛知県小牧市「市民四季の森」の皇帝ダリア

愛知県小牧市「市民四季の森」の皇帝ダリア

やがて来る厳しい寒さに備えて、
草木も冬支度を急ぐ晩秋。

そんな短い、
ある意味慌ただしい季節に旬を迎える花の一つが、
皇帝ダリアです。

小牧市にある総合公園「市民四季の森」で
皇帝ダリアが咲いていると聞き、
訪ねてきました。

市民四季の森の園内には、
バラ園や小鳥の森のほか、
ディスクゴルフ場やバーベキュー場、
わんぱく冒険広場などがあり、
子どもから年配者まで楽しめる公園となっています。

↑公園東口にある東駐車場から、園内へ。
 紅葉した木々や、サザンカの花が出迎えてくれました。
 落ち着いた「晩秋」の色合いですね。

↑入り口にあった園内マップ。
 皇帝ダリアは、東門から北西方向、
 「ソリスベリの丘」と、「アジサイの丘」の間にある
 散策路の両側にあると聞き、そちらへ向かいます。

↑木々の合間に、ちらちらと見え隠れするピンクの花たち。

↑ずらりと立ち並んだ皇帝ダリア。
 高さは3メートル前後ありそうです。

↑晩秋には珍しい、
 清々しいまでのピンク色。
 空の青にもよく映えます。

↑一身に日の光を浴びて咲き誇る姿は、
 まるで夏の花のようにも見えますね。

↑逆光を浴びて、
 花びらが透けて見える様子も、
 はかなげで、きれいです。

↑「花の顔(かんばせ)」という言葉がありますが、
 じ~っと見ていると、人の顔にも見えてきますね。

↑ざっと200メートルほどの範囲に、
 結構な数が植わっています。

 公園スタッフの方によると、
 台風で倒れたりしたものもあって、
 正確な数はすぐにはわからないとのことで、
 自分で数えてみました。

 数え方が難しかったですが、
 1つの支柱に沿って伸びている固まりを1株として数えたら、
 実に70株以上ありました。
 こんなにたくさんの皇帝ダリアを
 まとまって見られるところはなかなかないと思います。
 来てみて良かったなあと思いました。

園内には、ほかにも見どころがたくさん。

↑秋バラの時期はそろそろ終わりですが、
 まだきれいに咲いているものもありましたので、
 思わずパチリ。
 春よりも色合いが深いように感じます。

↑すでに実がなっているバラも。
 ローズヒップティーの原料になる品種かな。

↑「花見の丘」では冬ザクラが咲いていました。

 説明の札には、
 春(4月上旬~中旬)と秋(10~12月)に咲くこと、
 花弁は淡紅色から白色に変わることなどが書かれています。

 ご夫婦やお友達同士で連れ立って、
 季節外れのお花見散策を楽しんでいる人たちも
 結構いらっしゃいましたよ。

園内にはほど良いアップダウンがありますが、
道は歩きやすく舗装されている上に、
エリアごとにテーマの違うゾーンとなっているため、
約28万平方メートルという広い園内も、
飽きることなく、楽しく回ることができます。

お弁当やおやつ持参で、
の~んびりと散策したい場所です。

取材日:2018年11月23日

DATA

小牧市総合公園「市民四季の森」

愛知県小牧市大字大草5786-1
TEL:0568-76-1191(小牧市役所みどり公園課)
開園:毎月第4木曜休園、10~2月は午前9時~午後5時
※入園無料

交通アクセス

○公共交通機関
名鉄小牧線「味岡」駅からこまき巡回バス(大人1日200円)北部東部右まわりコースに乗り(約25分)、「市民四季の森」下車
○車
中央自動車道・小牧東ICから南西へ、約4km
※駐車場あり(502台)

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外