【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 私とぶらっ人
  4. 食の視点で過ごすと、旅は鮮やかになる

食の視点で過ごすと、旅は鮮やかになる

バックナンバーはこちらoffice musubi代表/プロデューサーの鈴木 裕子さん

office musubi
代表/プロデューサー
鈴木 裕子さん

私とぶらっ人からのお知らせ

office musubiからのお知らせ

office musubiでは、食業界の方を対象に、海外視察ツアーを実施しています。今年は、ニューヨーク、サンフランシスコ(ナパバレー)、ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルグ)を予定。
現地の食トレンドや日本食ブームの実態を把握すべく、最新レストラン巡り、飲食店経営者やシェフとの面会、小売店視察など、充実した内容です。
ご関心のある方は、下記のメールアドレス宛までお問い合わせください。
info@o-musubi.net

 私にとって旅の楽しみはその土地の「食」に出会えること。「食」から学ぶ文化に感心し、歴史にうなずくことで旅がもっと味わい深いものになります。美味しいものは人をリラックスさせるので、初めて出会う人とも笑顔でつながります。

 “食べることが生きがい”の私が始めたoffice musubiは「食業界のエージェント」。可能性や将来性のあるヒト(シェフ、パティシエ)やモノ(食材、食品)を見出し、国内外に向けてその価値を情報発信してプロモーションを行います。まさに私の天職ですね。

 旅する機会は公私共に多いのですが「食ありき」の姿勢は常に変わりません。昨秋プライベートでパリへ出向いた時も、歴史ある三つ星レストランで学び、新生の二つ星レストランで発見し、古き良きビストロ、パティシエ巡りで出会い、と「食」を通して見えるパリを満喫、充実した旅となりました。

 旅に彩を与えてくれる「食」。次に訪れる地での出会い、「食」を通じての発見、楽しみです。(2008年3月31日 中日新聞夕刊掲載)

2008年03月31日

旅コラム
国内
海外