【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 私とぶらっ人
  4. 次作へ気分を切り替える小旅行。

次作へ気分を切り替える小旅行。

バックナンバーはこちらトヨタホーム愛知(株)2級建築士、インテリアコーディネーター 堀田知弥さん

ディズニー映画配給網
中部プロモーション室
小形桂子さん

私とぶらっ人からのお知らせ

お知らせ

〈ウォーリー〉12/5(金)よりミッドランドスクエアシネマほかにて公開
「ファインディング・ニモ」の監督が贈るピクサー最新作!
700年間、ひとりぼっちのゴミ処理ロボットの“ウォーリー”が起こす《奇跡》とは…この冬No.1の感動作!

〈ティンカー・ベル〉 12/23(火・祝)よりミッドランドスクエアシネマほかにて公開
世界で一番有名な妖精に誰も知らない秘密がいま明かされる…4部作、映画化決定!

映画の宣伝プロモーションを担当しています。1年に何作も担当しますが、その時その時、映画が封切りになるまでいつも真剣勝負。二度と同じ作品はありませんからね。担当映画の封切りはその映画を観客の皆さんへ嫁に出す感じです(笑)。不安と期待と少しの寂しさ。封切られると、つぎの作品の公開準備がすぐに始まることもあります。

ドライブが最近のお気に入りです。旅というほど大袈裟ではないですが、私にとってはちゃんと旅ですよ。旅って、時間(時にはお金も)をかけてゆっくりできれば、最高です!ですが、そういかない場合が多い。だから、要は気分の切替え、そう、リフレッシュ!できればその人にとって旅になると思います。高山や上高地はよく行きます。私は海より山です。途中木立に囲まれた道を、陽光の暖かさや緑の呼吸を感じながらハンドルを握っている瞬間。車窓から見える風景の移り変わりがまるで映画の好きなシーンように感じます。リフレッシュは、次の映画のための準備でもあります。前作のイメージを引きずったままでは、前作へも次作にも失礼ですからね。

料理とお酒も楽しみのひとつ。行きつけの店が、沖縄にもあります。3泊4日で行った前回の旅でも、毎夜でした。泡盛を水割りグイっとやり、アンマー(沖縄の方言でお母さん)の美味しい料理を楽しみます。ほんとうにリフレッシュできますよ。あと、日本酒も好きです。まずは、飛騨酒蔵めぐりから始めようかな。もちろん、電車旅ですよ。

2008年10月11日

旅コラム
国内
海外