【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 私とぶらっ人
  4. ゆっくりゆるりの電車旅でどこまでも

ゆっくりゆるりの電車旅でどこまでも

バックナンバーはこちら名古屋ボストン美術館 広報部 係長  那須晶子さん

名古屋ボストン美術館
広報部 係長 那須晶子さん

私とぶらっ人からのお知らせ

名古屋ボストン美術館 インフォメーション

愛と美の女神 ヴィーナス―ギリシア神話から現代へ
7月18日[土]~11月23日[月・祝]
ボストン美術館が所蔵する古代から現代までの作品135点により、ヴィーナスにまつわる神話や信仰を紹介しながら女神の素顔に迫ります。
●開館時間:平日10:00~19:00
●土・日・祝・休日:10:00~17:00

  夫婦そろって大の電車旅好きです。青春18切符でどこまでも行きますよ。私の実家は札幌。まさかと思うでしょうが、そのまさかなんですよ。在来線をずーっと乗り継いでいくわけです。途中、福島、青森、函館で各1泊、計3泊して札幌まで帰ります。

 宿泊はひっそりした民宿。私たち以外に宿泊客が皆無なんてことが結構多くて、喜んだり心配したり。民宿は土地の人がその土地の料理を出してくれますから、地元の味覚や旬のものが楽しめます。そこがゆっくり旅のもうひとつの魅力です。

 よく、途中何してるの。時間が余っちゃうでしょ?と聞かれます。ホント普通電車の旅はたっぷりと時間があります。でも、それが日常から離れた幸せなひとときなのです。車窓からの風景を見ながら音楽を聴いたり、お気に入りの本を読むこともしばしば。でも、ガッタンガッタンのリズムで時にはいつの間にか熟睡していることもあります。

 さらに、時間待ちの下車駅では、小さなお店を覗いたり、変わった看板をカメラにおさめたり、駅の待合でおばあさんとおしゃべりしたり。小さな町で出会った様々な出来事は、仕事上のアイディアの基になっているかも。

 以前、日本の川下り制覇を目指し7年半にわたりチャレンジしました。テーマを決めた旅は、なお夢中になります。今後は日本の島巡り、半島めぐりなんてどうかな。

2009年06月16日

旅コラム
国内
海外