【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 私とぶらっ人
  4. やりたいことがあるから頑張れる

やりたいことがあるから頑張れる

バックナンバーはこちら(株)AI&CO. flower studio アートプロデューサー AI&CO 宮崎愛子さん

(株)AI&CO. flower studio
アートプロデューサー AI&CO
宮崎愛子さん

私とぶらっ人からのお知らせ

AI&COフラワースタジオでは、フルーツカービング教室を開催しています。先生はこの紙面に登場しているAI&CO(宮崎愛子)さん。まったくの初心者でも、2時間ほどで立派な作品を仕上げることができます。問い合わせ先=AI&COフラワースタジオ 052-934-0332まで。

 フルーツカービングってご存知ですか。スイカ、にんじん、りんごなど各種フルーツにナイフひとつで彫刻し、美しい幾何学模様や文字・文章を浮き立たせます。本当にきれいですよ。作品を見ていただけるとわかりますが、果物に彫ってあることに気付かない人が意外と多いんです。「これ何かな。ええー、スイカなの!」って感じで皆さん驚かれます。

 タイがフルーツカービングの本場。タイを代表する伝統工芸のひとつであり、生活と歴史に深く関わっています。

 私は昔から「創る」仕事に憧れています。夢の資金作りのOL時代を経て、はじめは陶芸の道に進みました。実家の一階に工房を作ったまでは、親も黙認してくれましたが、焼き釜を入れようとしたらさすがに親も唖然。なかなか陶芸では生計を立てられなく、方向転換。以前から興味があったフラワーコーディネーターの道へ。講師として活躍できるようになり、少し夢に近づいた感じでした。

 フルーツカービングとの出会いは、フラワーコーディネイトの仕事現場です。フルーツに施された美しさと鮮度との戦いというはかなさに魅了されました。迷わずタイへの留学を決心。フラワーコーディネイトの知識や感性を活かすことができるのも大きかったです。

 タイの技術はきわめて高い。本場で一から学ぶことで、ますます興味が湧き、この道で生きていくんだって、やっと生涯の仕事に出会えました。

 つい先日パリへ。作品にヨーロッパの風を吹き込みたいという創作意欲が湧いたからです。何か、新しい美の基軸が作品に生まれるんじゃないかと自分に期待しています。

2009年07月22日

旅コラム
国内
海外