【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 私とぶらっ人
  4. 今は時間があったら東北へ

今は時間があったら東北へ

バックナンバー インタビュー一覧フリーアナウンサー 服部恭子さん

今回の旅の達人
フリーアナウンサー
服部恭子さん

私とぶらっ人からのお知らせ

「トランスパシフィックキャンペーン CBC八神純子チャリティミニライブ」 3月17日(土)
松坂屋名古屋 本館7階催事場 午後1:00~ 出演:八神純子 司会:服部恭子
ロサンゼルス在住のシンガーソングライター八神純子さんが東日本大震災直後に立ち上げた東北支援活動「トランスパシフィックキャンペーン」によるチャリティライブです。「水色の雨」「パープルタウン」などヒット曲をはじめ、最新アルバム曲、そしてチャリティ曲「翼」を愛知淑徳学園の生徒達と合唱するなど生バンドで熱唱。その模様は後日CBCラジオで放送予定。当日、会場で集めた義援金は「南三陸漁業生産組合」に直接届けます。

 テレビリポーターとして、国内外問わず「現場」へ行っては連日放送する生活を23年間続けてきました。幸せな現場から災害など非常に厳しい現場まで、「今」を伝えるのが私の役目でした。御巣鷹山、雲仙普賢岳、阪神淡路大震災、中越地震、福知山線脱線事故など惨事の現場へ赴きました。仕事として伝える役目に徹する事がとても苦しい。助けを必要としている人達が目の前にいるのに、私はリポーターとして仕事をしていていいのだろうか。

 同級生の純ちゃん(八神純子=歌手)と同窓会の連絡を取り合っている時に彼女の東北支援活動を知り、一緒に取り組むことにしました。リポーターのレギュラーをはずれ、長年抱えてきた思いを払拭するには今、行動するしかないという気持ちでした。各地で集めた義援金を持って、東北入りした10月は気仙沼、石巻、南三陸町へ。集会所や運動場などで純ちゃんの歌声を届けて来ました。食料支援には母校の淑徳が賛同してくれ、生徒一人ひとつの缶詰を送りました。一ノ関の牧場で「やっと泣けるようになった、今まで涙も出なかった」と手を握られ、私は「被災してなくてごめんなさい」という思いが込み上げました。クリスマスには大槌町、大船渡、陸前高田へ。お礼に手料理「海宝漬」と白米を仮設で頂きました。東北の皆さんの温かい優しさに触れる度、心のつかえが溶けて、私が救われました。

 臆病なほど慎重だった私が「人のために動けば必ず実現する」と教えられたのもこの活動のおかげです。感謝。

2012年02月28日

旅コラム
国内
海外