【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 私とぶらっ人
  4. 時間を贅沢に使うことが、旅の醍醐味

時間を贅沢に使うことが、旅の醍醐味

バックナンバー インタビュー一覧イタリアンレストラン ラ ファルファーラ オーナーシェフ 永井みゆきさん

今回の旅の達人
イタリアンレストラン ラ ファルファーラ
オーナーシェフ
永井みゆきさん

私とぶらっ人からのお知らせ

「ラ ファルファーラ」は愛知県大府市にあるイタリア料理のお店です。安心安全な、地元はもちろんこだわり食材を使った北イタリア料理を味わえます。イタリアなどヨーロッパで見つけた食材、グッズ、ショーケースにあるファルファーラの前菜を買うこともできます。自宅やオフィスでファルファーラのお料理を味わうことのできるケータリングや出張シェフも好評。
http://www.farfalla.jp (要予約)

 東京の企業で派遣社員勤めをしていましたが、「レストランをやりたい」と29歳の時に一念発起。縁合って出会ったイタリアンシェフを頼って、料理の道の門を叩きました。その師匠の薦めもあり、2カ月後には料理を学びに北イタリアへ。トリノ、フェッラーラ、ボローニャなどのレストランで修業を積みました。

 イタリア語の知識は皆無、片言英語程度での渡伊でしたが、修業先での辛い思い出は一切ありません。現地ではたくさんの友人もでき、2003年に大府市で自分のお店を持ってからも、北イタリアは何度となく足を運んでいる愛着ある都市です。

 ここ数年は、年に一度、食探しをテーマに世界各国へ旅をしています。一昨年は美味しいバルサミコ酢を求めてモデナヘ、昨年10月にはカラスミを求めて世界三大料理の一つトルコへ。どんな国でも必ず訪れるのが、現地のバザールやマーケットです。マーケットでの現地の食材、人との出会いは私に大きな刺激を与えてくれます。今回もトルコでカラスミを買い求めました。カラスミはイタリア語でボッタルガ。トルコからミラノ系由でサルディーニャ島へ飛び、本場のボッタルガを使ったサルディーニャ料理を満喫し、その後ボローニアへ。ポルチーニ専門レストランに行き旬の味を堪能してきました。

 私はレストランの他に出張シェフをしており、クリスマスイベントから年末年始に掛け出張シェフのご依頼を沢山頂き忙しくさせて頂いています。毎年お正月後、1月初旬に南国にダイビングに4泊で行き、1日3回は潜ります(笑)。私にとって、旅は時間を贅沢に使えるリラックスタイム。旅で得た刺激と癒しを、お客様を笑顔にできる美味しい料理へと活かしていきたいです。

2013年02月01日

旅コラム
国内
海外