【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 熱湯コラム「いで湯のあしあと」
  4. 信州・富貴畑高原温泉

コラム 熱湯コラム「いで湯のあしあと」

信州・富貴畑高原温泉

信州・富貴畑高原温泉

 ウィンタースポーツの季節ですねぇ!
考えてみたら、スノーボード歴は今年で早や9年・・・。
周囲のみんながやるからまぁやってみるか、という安易なキッカケで始めたのに、すでにそんな年月が経っているとは・・・。

年数にしたら長いけど、ぜんっぜん上達していない。というよりは、する気がない。
ではなぜ飽きもせず(あきらめもせず?)、いくつになっても毎年冬が来るとゲレンデに向かうのか?
それは言うまでもなく、帰りの立ち寄り温泉が目的である。それがメインと言っても(少なくとも私は)過言ではない。

 もともと私(とその友人たち)は、ゲレンデに行ってもガンガンに滑るわけじゃない。
 早朝に出発し、ゲレンデに到着したら、「寒くてかったりーなぁ・・・」と思いながらのそのそと滑る準備を始め、何本か好き勝手に滑って休憩をとり、昼過ぎにはゲレンデを後にするのである。そして、途中で温泉につかって帰ってくる。温泉の後は、どこかで食事をし、居酒屋トークをたんまりして帰宅する。それら一連を全て含めたイベントを、我々は「ウィンタースポーツ」と呼んでいる・・・そんなこと言ったら、ウィンタースポーツ愛好家に怒られちゃうかもしれないけど。そしてそれを飽きもせず、9年も続けているのである。

 それでもやはり、ボード後の温泉は限りなく気持ちがいい。吹雪いて凍えそうな日も、快晴で汗をかくくらいの日も、とにかく気持ちがいい。これはウィンタースポーツをやらなくてもわかりますね?普段は使わない部分、ゲレンデを滑ることによって疲労し、凝り固まってしまった筋肉を、あのなめらかでやわらかな源泉が、滑った直後にいたわってくれるのだ。何をするよりも疲労回復力が早い。気持ちよくないわけがない。ありがたいことにどこのゲレンデの近くにも、必ずと言ってよいほど温泉が点在している。「セット」にしなくてどうする。
 
 ・・・てなわけで、今回おんたけスキー場の帰りに立ち寄ったのは、長野県は南木曽町にある富貴畑(ふうきばた)高原温泉郷。

ページ : 1 2

取材担当プロフィール

みなもといずみ
近場から遠出まで、行く先々に温泉マークを見つければすぐに飛び込んでしまうほどの温泉女。出張先ですら、温泉があればタオルとパンツを持ってでかけます。女である以上、温泉に癒される人生は永遠です。行き当たりばったりの旅が大好きな私のあこがれは、スナフキン。点々と旅を続けながらいで湯を求め、足あとを残していきたい!

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外