【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. どこにでもある生活景色をいつまでも岩村で見られるように

旅の達人 NPO法人 農村景観日本一を守る会 理事長 吉村攻平さん どこにでもある生活景色をいつまでも岩村で見られるように

バックナンバー インタビュー一覧NPO法人 農村景観日本一を守る会 理事長 吉村攻平さん

NPO法人
農村景観日本一を守る会
理事長
吉村攻平さん

お知らせ

■築120年の古民家に宿泊してみませんか
宿泊費/朝夕2食付き 1泊(1名)7,500円
自炊&素泊まり 1泊(1名)4,000円
※上記は6名様以上の場合
お問合せ/TEL.0573-43-4021

キッチンや水回りは新しく入れ替えておりますので、女性でも安心してご利用いただけます。
※詳細は「茅の宿とみだ」のHPをご確認ください

岩村町にある農村景観日本一展望所からの景観

岩村町にある農村景観日本一展望所からの景観

 誰もが懐かしいと感じられるような田園風景が広がり、黄金色に色づいた稲穂はもうすぐ収穫の季節を迎えます。いつまでもこの景色が見られるように…そんな思いで立ち上げたNPO法人「農村景観日本一を守る会」で活動を続ける吉村さんにお話を伺いました。

みんなの気持ちが日本一 この景色をいつまでも残すため
 全国の環境問題を研究されている国土問題研究会より岩村が「農村景観日本一」の称号を頂いたのは昭和63年のこと。この土地に住む私たちですら、どこにでもある景色なのではと思っていました。しかし、だんだんと“日本一”が岩村で暮らす人たちの誇りになり、この景色を守りたいと思う気持ちに変わって行ったように思います。たとえば田んぼ脇の土手も1~2ヶ月で雑草だらけになってしまうのですが、この景色を守るために、みながあたりまえのように草を刈る、そんな土地を思う気持ちによってこの景色が守られています。

築120年の茅葺屋根の古民家「茅の宿とみだ」

築120年の茅葺屋根の古民家「茅の宿とみだ」

 そしてそんな町のシンボルになればと、古民家に少しずつ手を加え、完成したのが「茅の宿とみだ」です。今は岩村に魅力を感じ、移り住んでくれた若い方が管理人となり、訪れた方に宿泊や農業体験などを楽しんで頂いています。田舎暮らしも体験できますので、ぜひ様々な方に自分の家のように寛いでいただきたいですね。

風土を味わい人とふれあう 田舎暮らしの醍醐味

 私は今までずっとこの村で生活し、変わりゆく姿を眺めてきました。梅雨明け、一時期姿を消していた蛍の姿を見かけた時など、少しずつ環境の変化を感じます。しかし移ろい行く時間の中で昔と変わらない景色を、これからも守って行きたいと思います。

 岩村では豊かな田園が広がる農村風景と、武家屋敷や町人町が続く江戸時代の町並みを、一度に楽しむこともできます。地元の銘酒を持ち寄り、沢で獲れた魚を囲炉裏で囲み、飲まれる方も見えますよ。また9月の23日には今年で20回目を迎える「秋の月待ちお堂めぐり」も開催されますので、日本の古き良き風景に出会える岩村にぜひ遊びにいらしてください。

茅のふるさと定食 1,000円 恵那の郷土料理の五平餅とそば粉100%の石臼挽き手打ちそばが楽しめる人気定食。※土日のみ11:00~14:00(土日以外の休日は休業)

茅のふるさと定食 1,000円
恵那の郷土料理の五平餅とそば粉100%の石臼挽き手打ちそばが楽しめる人気定食。
※土日のみ11:00~14:00(土日以外の休日は休業)

おすすめ! お土産の達人
岩村町富田産のコシヒカリと
米粉で作ったシフォンケーキ
岩村のコシヒカリの米粉を贅沢に使ったシフォンケーキ。ふわふわモッチリの食感が特徴。
白米(2kg)1,000円
白米(10kg)4,500円
シフォンケーキ 1,000円
※手づくりのため要事前予約

2013年09月

旅コラム
国内
海外