【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 鳥羽に住まう人たちの温かさがこの場所を好きになる理由

旅の達人 海島遊民くらぶ 事業部長 兵頭智穂さん 鳥羽に住まう人たちの温かさがこの場所を好きになる理由

バックナンバー インタビュー一覧和紙のふるさと運営協議会会長 山内克士さん

[鳥羽市]
海島遊民くらぶ 事業部長
兵頭 智穂さん

お知らせ

詳細は「海島遊民くらぶ」まで/ツアーは要予約
ホームページ/http://oz-group.jp
お問い合わせ/TEL:0599-28-0001

 のんびりと漁村の景色の中を歩いたり、商店街で道行く人と言葉を交わしたり…。そんな自然体で楽しめる旅を企画し、仲間とともに案内する兵頭智穂さん。そんな何気ない景色の中で見つけた鳥羽の魅力を伺いました。

お客さんと一緒に見て歩き 教えてもらって発見がある
 海島遊民くらぶでは鳥羽を気楽に楽しんでもらうため、鳥羽湾でのカヤックツアーや島の漁村散策、商店街で食べ歩き、というようなツアーを実施しています。また来たいなと思うには頑張りすぎず、楽しいと思えることが一番ですからね。そのため観光名所を紹介する、というよりは一緒に歩きながら町の人と会話したりと、一歩深い所にある魅力を紹介するようにしています。

 答志島のツアーは気軽に離島や漁師町の雰囲気を味わうことができ、今の時期もおすすめ。ローカルな定期船に乗って出発します。臨場感たっぷりの狭い路地裏や港を歩き、時折出会う地元の漁師さんから話を聞いたり。小さな島なのでそこで暮らす人たちのこと、獲れる魚のことなどなんでも知っていて教えてくれるんですよ。

 またこの島では生きた魚の競りを見ることができ、新鮮な魚は近くの食堂や旅館で食べることもできます。旬の魚は本当にどれも美味しく、訪れた方に喜んでもらっています。

好きになって移り住んだこの町 感じた魅力を伝えていきたい

 元々の生まれは大分なのですが、この町に住む人々の温かさや、その中で暮らす心地よさに魅力を感じ、この地域で暮らしていくことを決めました。その温かさは、ここに住む人々がこの地域を大切に思っているからであり、それを伝えることも自分たちの役割だと思っています。

 例えば「お祭りがあります」だけではただの観光情報ですが、そこに至るまでの練習や風習などの話もさせてもらうことで、近くに感じてもらえれば嬉しいですね。そしてまた、その時期を楽しみに鳥羽に来てほしいと思います。そうして少しずつでも鳥羽の魅力を伝え知ってもらうことで、地域の人たちからもらった気持ちにお返しができればと思います。

食べごろを迎える「ワカメ狩りツアー」が冬のおすすめ。採れたてを温かい鍋で頂きます。(1月中旬~3月下旬)

食べごろを迎える「ワカメ狩りツアー」が冬のおすすめ。採れたてを温かい鍋で頂きます。(1月中旬~3月下旬)

鳥羽に住む人々の温かい人柄にも触れることのできる人気ツアー。新鮮な魚介類は味も食べごたえ抜群!

鳥羽に住む人々の温かい人柄にも触れることのできる人気ツアー。新鮮な魚介類は味も食べごたえ抜群!

おすすめ! お土産の達人

■恵比寿鮑
1個(100g以上)
10,500円~(詰め合わせも可)
昔から神宮への献上品として用いられてきた、伊勢志摩の特産品「あわび」。特別な人への贈り物に。
丸傳(まるでん)商店 TEL:0599-25-2159

■真珠もなか
5個入り 450円
10個入り 900円
アオノリとヤマトタチバナ(鳥羽市の木)の2種類の香りと味を楽しめる。真珠パウダー入り。丸萬亭 TEL:0599-25-3012

2013年12月

旅コラム
国内
海外