【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 気がつけば近くに流れている音楽 ジャズで語り合う街と人

岡崎市 内田修ジャズコレクション展示室スタッフ 川治由実さん 気がつけば近くに流れている音楽 ジャズで語り合う街と人

バックナンバー インタビュー一覧岡崎市 内田修ジャズコレクション展示室スタッフ 川治由実さん

[岡崎市]
内田修ジャズコレクション
展示室スタッフ
川治由実さん

お知らせ

内田修ジャズコレクション展示室
入場/無料
開館時間/9:00~21:00
休館日/水曜日(祝日開館)
0564-23-3100(総合案内)
http://dr-jazz.jp

 岡崎市内に外科病院を開業し、ドクター・ジャズとして、膨大なコレクションを集めた内田修氏。彼がそれらのコレクションを寄贈したことがきっかけで、岡崎はジャズの街となり、市民による文化振興事業も盛んとなりました。そんな収蔵品の数々を楽しめる内田修ジャズコレクション展示室。今回はそこで働く川治さんに、ジャズの魅力や楽しみ方を伺いました。

12,000枚ものレコード 生活の中で生まれた音

貴重な資料の数々や、日本の戦後ジャズ史につながる物語を楽しめる常設展示

貴重な資料の数々や、日本の戦後ジャズ史につながる物語を楽しめる常設展示

私自身、音楽が大好きなため、展示室はとても素敵な空間だと感じています。室内では毎日2回レコードコンサートを行っており、約12,000枚のレコードと7,000枚のCDからその日流す曲を決めるのはスタッフの仕事。季節や情緒を織り交ぜながら馴染みのある曲を選び、訪れた方に楽しんでいただけるよう心掛けています。

 ジャズはかしこまって聞くものでなく、街の人たちの生活の中に溢れ、会話するように楽しんできたものです。だからこそ気軽に聞けるこの場所でジャズを好きになってもらえると嬉しいです。
 展示室では他にも試聴ブースやラウンジもありますので、自宅のようにくつろぎながら、友だちや家族とのジャズ談義をお楽しみください。膨大なコレクションからはきっとお気に入りの1枚が見つかるはずです。

岡崎市内ではビッグイベントも 秋を彩るジャズ

 みなさんレコードは音が違うと言いますが、本当にそうなんです。普段聞いているCDではわからない、その場の空気のようなものや、当時の雰囲気を感じることができる素敵な魅力があります。内田修さんのスタジオを再現した「ドクターズ・スタジオ」はそんなレコードの音色に耳を傾けながら過ごせる場所。週末はリクエストジャズと題し、このスタジオでお好きなジャズレコードを聞くことができますので、ぜひお時間が許す限り名盤・名器の音を堪能してください。

 ご来場いただいた方の中にはレコードに収められたライブ会場で実際の演奏を聞いたという方も見え、当時に思いを偲ばせていらっしゃいました。初めて訪れる方でも「この曲は聞いたことがある」と思われることがあるよう。お店のBGMや映画などでもたくさんの曲が流れていますからね。そんな自然と体に染み込んでくる心地よさがジャズの魅力だと思います。

今年で11年目を迎える岡崎ジャズストリート。(11月5、6日開催)有料・無料合わせて22ヵ所が会場となり、町中がジャズに染まる2日間。10月から続くプレイベントにも注目だ<br />
岡崎ジャズストリート事務局 0564-83-5187
今年で11年目を迎える岡崎ジャズストリート。(11月5、6日開催)有料・無料合わせて22ヵ所が会場となり、町中がジャズに染まる2日間。10月から続くプレイベントにも注目だ<br />
岡崎ジャズストリート事務局 0564-83-5187

今年で11年目を迎える岡崎ジャズストリート。(11月5、6日開催)有料・無料合わせて22ヵ所が会場となり、町中がジャズに染まる2日間。10月から続くプレイベントにも注目だ
岡崎ジャズストリート事務局 0564-83-5187

おすすめ! お土産の達人
お土産
内田修氏の推薦を受けたジャズ・ピアニスト、佐藤允彦氏監修により音源を厳選し、写真・解説を加えたコレクションCD。現在人物やカタログに焦点を当てた4枚が発売中。
……各2,000円(税込)
内田修ジャズコレクション展示室
(図書館交流プラザ りぶら内)
0564-23-3100(総合案内)
http://dr-jazz.jp

2016年09月

旅コラム
国内
海外