【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 野生に近い状態で咲く花々 春に出会えるフラワーガーデン

[名古屋市港区] 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット 庭園管理 工藤 哲さん 野生に近い状態で咲く花々 春に出会えるフラワーガーデン

バックナンバー インタビュー一覧[名古屋市港区] 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット 庭園管理 工藤 哲さん

[名古屋市港区]
名古屋港
ワイルドフラワーガーデン
ブルーボネット
庭園管理
工藤 哲さん

お知らせ

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット
入園料/
大人………300円
65歳以上…200円
小中学生…150円
開館/9:30~17:00
休館日/月曜日
(祝日の場合は翌日)

052-613-1187
http://www.wfg-bluebonnet.com/

 海と緑に囲まれた花咲く庭園・名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット。臨海の工場地帯の一角にありながら、22あるガーデンがそれぞれ季節を感じさせてくれる場所です。今回はそんな花のオアシスで樹木や花の管理を手がける工藤さんにワイルドフラワーの魅力を伺いました。

全国でも珍しい自然風庭園 春の開花リレーを楽しんで

春の「花の谷」

春の「花の谷」

 ここブルーボネットは自然に咲き乱れる花の魅力を感じてもらえる場所。洋風でも和風でもない“自然風”の庭園が広がる全国でも珍しい場所です。ワイルドフラワーとは手を入れなくても美しい花を咲かせるものの総称で、そんな花々を自然に近い状態で咲かせることで色鮮やかな美しい庭を表現しています。

 実はそれが一番難しく、背の低い花が奥で隠れてしまわないよう植え方を工夫したり、開花時期の異なる花々の色調が上手く重なり合うよう手を加えたり、試行錯誤を続けています。大変な作業もありますが、来園された方の感動の声は励みになりますね。庭は季節の移り変わりとともに刻一刻と表情を変えていきますので何度もお楽しみいただけると思います。

種播きによる手法が「自然のお花畑」を作るコツ。咲き乱れるさまが美しい。

種播きによる手法が「自然のお花畑」を作るコツ。咲き乱れるさまが美しい。

 園内ではガーデンデザイナーが創る「モデルガーデン」や田舎の暮らしを表現した「コテージガーデン」も人気。また、隣接する新名古屋火力発電所の温排水を利用した「土壌加温フラワーガーデン」では、冬期に加温することで早春に開花を早めています。庭造りの参考にもなると思いますので、気軽にお立ち寄りください。

シンボルツリーとともに 元気な花々を見てもらいたい

港を背にしたフラワーリング。風光明媚なフォトスポットとしても最適。

港を背にしたフラワーリング。風光明媚なフォトスポットとしても最適。

 港から船でこられた方が降り立つサニーハウス。ここはヨットの帆をイメージした吹き抜けの建物で、穏やかな日差しのもと、週末にはイベントやコンサートなどもお楽しみいただけます。入園すれば観覧は無料ですので美しい音色と花々とともに、のどかな一日を過ごしていただければ。中心にそびえるシンボルツリーのセンペルセコイアは、枯れかけていたところに手を加え、なんとか持ち直してくれた特別な思い入れがある木ですので、ぜひこちらもご覧ください。

 現在、愛知・岐阜・三重の庭園を繋ぎ「東海ガーデン王国」と称して周遊を楽しむイベントも開催しています。個性豊かなお庭が連なりますし、スタンプラリー形式で賞品も用意していますので、こちらも足を運んでみてください。

 港区は今年80周年を迎え、新しい商業施設などとともに盛り上がりを見せています。その中のひとつとして、ブルーボネットがほっとできる憩いの場所になれば嬉しいです。

おすすめ! お土産の達人
お土産
園内で咲く植物をミックスした花の種。
ワイルドフラワーの種…1袋430円
(税別)

2017年05月

旅コラム
国内
海外