【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 万燈が人の思いを宿して舞う 二百有余年続く刈谷伝統の祭り

[愛知県刈谷市] 刈谷万燈祭(まんどまつり) 広小路五組 囃方(はやしがた) 杉本 八重子さん(55) 万燈が人の思いを宿して舞う 二百有余年続く刈谷伝統の祭り

バックナンバー インタビュー一覧[愛知県刈谷市] 刈谷万燈祭(まんどまつり) 広小路五組 囃方(はやしがた) 杉本 八重子さん(55)

[愛知県刈谷市]
刈谷万燈祭(まんどまつり)
広小路五組 囃方(はやしがた)
杉本 八重子さん(55)

お知らせ

刈谷万燈祭
乗船時間/
新楽/2017年7月29日(土)
本楽/2017年7月30日(日)
場所/刈谷市内中心部 秋葉社周辺
http://www.katch.ne.jp/~mando/

刈谷市観光協会   0566-23-4100
刈谷駅前観光案内所 0566-45-5833
http://www.kariya-guide.com/

 三河地方の最西、尾張地方との境に位置し、古くは江戸時代、二万三千石の城下町でもあった刈谷市。そこで開催される「万燈祭」は天下の奇祭として名高く、勇壮に物語を紡ぐ万燈が夏の夜を彩ります。今回はその万燈祭に囃方として参加する杉本八重子さんにお話を伺いました。

雨に由来した万燈祭 人が作り上げる祭りの魅力

 重さ60キロにもなる万燈を一人の人が担ぎ、舞う。これが全国でも類を見ない万燈祭の魅力であり奇祭と呼ばれる理由です。祭りは各町を曳き歩く新楽と、神前で奉納舞を行う本楽に分かれ、その様子はまさに“静”と“動”。日の入りとともに浮かび上がる万燈は命を吹き込まれ人格を持ったかのようで、私はその瞬間がとても好きですね。

 万燈祭は雨に由縁した祭りで、山車に傘があったり、しずくのように傘にぶらさがった提灯などからその様子がうかがえます。そんな歴史背景を知ることでも、より祭りを楽しんで頂けると思います。

 また、祭りに欠かすことのできない若衆頭の存在も魅力の一つ。組をまとめ人を集める役目も担っています。人の心を動かす力というのでしょうか。成功を願い祭りに向かう姿は本当にかっこいいと思います。それぞれの組の動きの中心には若衆頭がいますので、そうした部分にもぜひ注目して見てください。

各町を練り歩く新楽の様子

各町を練り歩く新楽の様子

神前で奉納舞を行う本楽

神前で奉納舞を行う本楽

繋がりや絆を深める祭りの役割 一緒に楽しめることが大切

 小さな頃からこの町で祭りを見てきましたが、囃方として祭りに関わりだしたのは子育てが落ち着いてから。昔、女性は祭りに参加することができませんでした。それが刈谷市内の小学校が万燈祭をクラブ活動で始めたことをきっかけに、小さな子どもたち、女性にも役割ができ、地域ぐるみで行う祭りへと変わっていきました。

 組のみんなで万燈を造り上げたり、お囃子と合わせる練習をしたり。祭りにかかわることで、人の繋がりや絆は深まります。それは地域で強いコミュニティを形成する助けとなり、これからこの町で育つ子どもたちも、そんな大人や町の姿を見て大きく育ってくれるのではないでしょうか。祭りに参加してみて、目標や憧れを共有することで得られる経験は、地域・個人を問わず意義があると実感しています。

 万燈祭は、老若男女が一緒に楽しめるお祭りです。新楽の少しの時間ですが、実際に万燈に触れたり写真を撮るなど、触れ合う時間も設けられていますので、間近でその迫力、魅力をお楽しみください。また、参加していただける方も大歓迎ですので、ぜひ一度刈谷に足を運んでくださると嬉しいです。

おすすめ! お土産の達人
お土産
 ふわふわの洋風なブッセ生地に小倉餡、りんご餡、抹茶餡をはさんだ和洋折衷のお菓子。
愛知県の無形民俗文化財に指定されている「刈谷万燈祭」がモチーフ。
刈谷一番
1個…110円(税込)
御菓子司 両口屋
刈谷市東陽町3丁目46番地 0566-21-1679

2017年07月

旅コラム
国内
海外