【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 泰平の世を願い平和の礎を築いた 徳川家康の一生を語る武士の館

[愛知県岡崎市] 岡崎公園 三河武士のやかた家康館 一般社団法人岡崎パブリックサービス 副主幹 藤原 雅人さん(53) 泰平の世を願い平和の礎を築いた 徳川家康の一生を語る武士の館

バックナンバー インタビュー一覧[愛知県岡崎市] 岡崎公園 三河武士のやかた家康館 一般社団法人岡崎パブリックサービス 副主幹 藤原 雅人さん(53)

[愛知県岡崎市]
岡崎公園
三河武士のやかた家康館
一般社団法人岡崎
パブリックサービス 副主幹
藤原 雅人さん(53)

お知らせ

三河武士のやかた家康館
開館時間/9:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料/
大人…360円
小人…200円

※岡崎城の入場料は別途
大人…200円
小人…100円

岡崎公園
0564-22-2122
https://okazaki-kanko.jp/okazaki-park/

 戦国史上最大の合戦とされながら、多くの謎に包まれている関ヶ原の戦い。司馬遼太郎氏の小説で語られ、初の映画化がなされるなど今注目を集めています。今回は東軍総大将・徳川家康生誕の地岡崎にある、三河武士のやかた家康館で、歴史や文化を紹介する藤原さんにお話を伺いました。

ジオラマや甲冑試着体験で 学ぶ歴史の面白さ

 三河武士のやかた家康館は家康公の一生を軸に、家康公を支えた三河武士団の結束と活躍を様々な展示を通して紹介しています。施設の一番の見どころとしているのが映像と武将フィギュア、可動式ジオラマで再現した関ヶ原の戦い。一見して見て取れる陣構えや時間軸で変わる戦況がわかりやすいと、訪れた方に楽しんでいただいています。

 今でこそ物語のような感覚がありますが、外国から訪れた方の中には戦争の博物館と捉えられる方も。ただ私は関ヶ原の戦いを、260年以上におよぶ江戸の泰平を築く始まりとなった重要な戦いであったと考えており、私欲のために始めたことではないということを伝えたいです。将軍になったのもまとめる人が必要であったからで、家康公が戦いの後に行ったまちづくりなどから、平和への願いや思いを感じてほしいと思っています。当館では甲冑試着体験や、そこでの写真撮影も可能ですので、ぜひ楽しみながら家康公が礎を築いた文化や歴史に触れてみてください。

精巧に作られたジオラマで関ヶ原の戦いを再現。注目の武将を探してみても面白い。

精巧に作られたジオラマで関ヶ原の戦いを再現。注目の武将を探してみても面白い。

無料でできる甲冑試着体験。イベント開催時には徳川四天王の甲冑を着ることもできる。

無料でできる甲冑試着体験。イベント開催時には徳川四天王の甲冑を着ることもできる。

実物から感じられる臨場感 過ぎた時代に思いを馳せて

3層5階建てに復興された天守は 日本100名城にも数えられています。

 岡崎城は家康公が生まれたとされるお城。現在の天守は1959年に復興されたもので、城内でも今人気の刀剣をはじめ様々な展示を行っています。家康館で史実を見て頂いた後、岡崎城の実物をご覧いただければより楽しめるのではないでしょうか。

 10月の1日までは特別展として「薄桜鬼 刀剣録 ~幕末維新の刀剣展~」を開催し、家康館で土方歳三の愛刀備前康継をはじめとする刀剣を展示。29日までは岡崎公園をフィールドにリアル謎解きゲームも開催していますので、ぜひ家族で挑戦してください。かなりの難問を用意してお待ちしています。

 岡崎公園は明治8(1875)年に認可された県最古の公園。戦国時代の城作りの特徴から施設や堀の配置などが入り組んで作られており、そうした名残を要所で見ることができるほか、家康公が浸かったとされる産湯の井戸も残されています。秋には城内の木々も紅に色付きますので、美しい岡崎城を眺めながら、のんびり紅葉散策をお楽しみください。

おすすめ! お土産の達人
家康公と徳川四天王クラフト武将
・家康公と徳川四天王クラフト武将
…650円(屏風なし500円)
(価格はすべて税込)

2017年09月

旅コラム
国内
海外