【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 空と海の青、菜の花畑一面の黄 知多半島を染める感動春景色

[愛知県知多郡南知多町] 観光農園 花ひろば スタッフ 吉川 育美さん(49) 空と海の青、菜の花畑一面の黄 知多半島を染める感動春景色

バックナンバー インタビュー一覧[愛知県知多郡南知多町] 観光農園 花ひろば スタッフ 吉川 育美さん(49)

[愛知県知多郡南知多町]
観光農園 花ひろば
スタッフ
吉川 育美さん(49)

お知らせ

観光農園 花ひろば

入館料/大人…650円
      小学生…300円
営業時間/AM8:00~PM5:00
休園日/1月1日、2日、3日
※天候不順等により休みになる場合があります。詳細はHPをご確認ください。

0569-65-2432
http://www.hana-hiroba.net/

観光農園 花ひろば

 伊勢湾、三河湾に囲まれ、緩やかな丘陵が続く知多半島。古くからものづくり愛知の産業を支え、マリンレジャーや豊かな海の幸を目当てに観光地としても人気の場所です。そんな知多半島の先端に広がる観光農園で、この地域の魅力を伝えるスタッフの吉川さんにお話を伺いました。

体験を通して感じる 花々や農作物、自然の魅力

広大な丘が幾重にも続き、旬の花々と爽やかな景色を楽しめる場所です

広大な丘が幾重にも続き、旬の花々と爽やかな景色を楽しめる場所です

 10ヘクタールもの広さの農園で四季折々の花々を眺めるだけでなく、花摘みや収穫を体験し、味わっていただけることが当園の特徴です。今の時期は満開に咲いた菜の花が美しい季節。ご家族や友だち同士で遠方からみえる方も多く、賑わいをみせています。

 実体験を通して「農作物の良さや地域の魅力を多くの人に知ってもらいたい」と考えた当園社長の強い思いから始まり15年余り。毎年の開花を楽しみに来場される方も増えており、私自身、知多の美しい海や花々に囲まれながら魅力発信の手伝いができることに、とてもやりがいを感じています。

 この場所は知多半島の先端に位置しているので、丘の上からは伊勢湾と三河湾の両方を望むことができます。まさに“半島”を体で感じられる場所。ここからぶらっと一日、半島周遊を楽しみながら、豊かな自然や食など、様々な知多の魅力に触れてみてください。

これからの季節が見頃 “食”べて楽しむ旬の花

ポピー(3月中旬〜5月中旬)

ポピー(3月中旬〜5月中旬)

ルピナス(4月中旬〜6月中旬)

ルピナス(4月中旬〜6月中旬)

金魚草(4月中旬〜6月中旬)

金魚草(4月中旬〜6月中旬)

菜の花の季節が終わるとひまわりの季節。6月下旬から12月頃まで、丘は8万本のひまわりに包まれる。

菜の花の季節が終わるとひまわりの季節。6月下旬から12月頃まで、丘は8万本のひまわりに包まれる。

 これから初夏に向けて、順々に花々は開花。GWにはポピーやストック、ルピナスなどが見頃を迎え、夏前には8万本ものひまわりが咲き誇る美しい景色を見ていただくことができます。ひまわりは雨によって成長するため、梅雨の時期の方が背丈が大きく、驚かれる方も多いですね。順番に咲くよう育てますので7月から12月頃まで、いつも満開のひまわり畑が迎えてくれます。ペットとの入場も制限していませんので、お散歩も楽しんでいただけますよ。

エディブルフラワーを使ったスイーツ(一日限定数量)

エディブルフラワーを使ったスイーツ(一日限定数量)

 さらに当園では、この地区では珍しい食べるお花「エディブルフラワー」を使ったスイーツの販売も始めました。一年を通して40種類ほどの花を園内で育て、それを目で楽しみ、味わっていただこうと企画したもの。四季で異なる色彩や味を用意する予定ですので、お立ち寄りの際は、ぜひ施設内のサービスエリアも覗いてみてください。

 地元農家の野菜が並ぶ直売所も併設していますので、新鮮なお野菜も好評をいただいております。農園で採れた春キャベツなど季節のお野菜のお土産も用意して、皆さんのご来園をお待ちしています。

おすすめ! お土産の達人

菜の花収穫体験

菜の花広場で楽しめる、食べられる菜の花のつぼみ狩り体験が人気。吉川さんのおすすめは醤油で味付けしたつぼみの炒め物。茎の部分は天ぷらにしても美味しく食べられます。
入園料650円に含まれる
※小学生まで300円(税込)
※1袋に詰め放題
観光農園 花ひろば
TEL:0569-65-2432

2018年03月

旅コラム
国内
海外